囃子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 囃子 > 囃子の意味・解説 

はやし [3] 【囃子・囃

動詞「囃(はや)す」の連用形から〕
日本各種芸能で,演技舞踊歌唱(謡・唄)の伴奏のために,あるいは雰囲気を出すために,楽器(主に笛と打楽器)や人声掛け声囃子詞(ことば))で奏する音楽
能楽の囃子では,笛・小鼓大鼓太鼓四種楽器四拍子(しびようし)を用いる。
歌舞伎の囃子では,四拍子中心的に用い,さらに多種類の打楽器補助的加えて奏する。これを鳴り物とも呼ぶ。また演技舞踊に対して,唄と三味線まで含めて囃子と呼ぶこともある。
寄席の囃子では,三味線鳴り物が主で,上方落語では唄われることも多い。
祭り囃子神楽(かぐら)囃子など民俗芸能の囃子では,笛と各種打楽器が用いられる。


囃子

読み方:ハヤシhayashi

舞や歌の調子高めるためのことば・手拍子楽器を使った音楽


囃子

読み方ハヤシ

笛、小鼓こつづみ)、大鼓おおつづみ)、太鼓(たいこ)という、楽器担当者囃子方はやしかた)と呼びます。

演目によっては、太鼓登場しない場合あります
4種類揃えば「四拍子しびょうし)」、3種類ならば「三拍子さんびょうし)」と言います。

早い、うまい、安いの三拍子が揃う」「攻走守の三拍子が揃った選手」という言葉は、三つの必要な条件揃っていることを意味しています。
囃子方三拍子が揃うということまた、必要な条件揃っていることを意味します。
もしかすると、「三拍子が揃う」という日常言葉語源は、能楽用語にあるのかもしれません。

この囃子方に、地謡じうたい)を加えた5種類役割が、ひな祭り五人囃子ごにんばやし)になります。
よく見ると、雛人形五人囃子は、手に道具を持っています。
能管小鼓大鼓太鼓最後の一人は扇を持っています。

関連用語
笛/能管小鼓大鼓太鼓地謡/扇


囃子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/12 18:03 UTC 版)

囃子(はやし)は、四拍子(大鼓小鼓太鼓)でもって、をはやしたてること[1]。謡に舞人なしで四拍子のみを用いるものを番囃子と言い、舞う部分に舞人なしで行う番囃子を居囃子と言う。ある部分に所作や舞いを加えたものを舞囃子と言う。囃子にはほかに祭で使われる「祭囃子」、寄席落語において使われる「寄席囃子」、長唄の舞台にて使われる囃子がある。楽器の構成は能の囃子とは異なるものもある。


[ヘルプ]


「囃子」の続きの解説一覧





囃子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「囃子」の関連用語

囃子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アンコウ

場外勝馬投票券発売所

日豊海岸国定公園

新潟焼山

A5527SA

流し雛

女遊戸海水浴場

菅迫田





囃子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
NPO法人せんすNPO法人せんす
Copyright(c) 2016 NPO Sense All rights reserved.
能の誘い
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの囃子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS