保安基準の緩和とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 保安基準の緩和の意味・解説 

保安基準の緩和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/26 07:48 UTC 版)

保安基準の緩和(ほあんきじゅんのかんわ)とは、道路運送車両法によって規定されている保安基準を緩和する事である。 車両の登録時に対する緩和と、車両の運行時に対する緩和の二種類が存在する。


[ヘルプ]
  1. ^ 主に総重量、軸重、隣接軸重、全幅、全長、全高、最小回転半径に該当。
  2. ^ 主に総重量、軸重、隣接軸重、全幅、全長、接地圧に該当。
  3. ^ 主に接地圧、全幅で該当。ブルドーザー等の車両においては回送速度が5km/h未満の極低速となると但し書きが後部に記載されている場合がある。なお、ブルドーザー等は最高速度が20キロ毎時以下となる場合、尾灯方向指示器の設置義務が無い為に車両背面は非常にシンプルな状態となる。
  4. ^ 主に全高に該当。
  5. ^ 前者については○○島内専用車、後者については高速道路不走行車として車検証および車両の見易い位置にステッカー等による記載がなされる。なお、NR装置を搭載したり、オーバードライブギアとなるギア段を殺したり、ファイナルギアのギア比を変更して最高速度が100km/h以下となるように改造するよう定められている。
  6. ^ 東京空港交通の運行するエアポートエクスプレスについては、路線バスとしながらも降車設備等の設置を行わない為に緩和措置が取られている。
  7. ^ 連接バスは全長、全幅も該当する事が多い。シターロについては軸重も10tを超える。
  8. ^ 主に全幅に該当。
  9. ^ 保安基準の緩和による基準緩和により、既存の軽自動車と同等の衝突安全基準を満たしているとみなしナンバープレートの交付を受けている。
  10. ^ 緩和事項が速度抑制装置、ABS、座席、座席シートベルト、乗車定員等の車両は車両前後面および運転席。
  11. ^ 道路運送車両法施行規則第54条 第19号様式による標識
  12. ^ 道路運送車両法第43条
  13. ^ 道路運送車両法第54条


「保安基準の緩和」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「保安基準の緩和」の関連用語

保安基準の緩和のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

畠山成幸

マンソニア

黒部川扇状地湧水群

地方自治法施行60周年記念 島根県分 5百円バイカラー・クラッド貨幣

B式

平包み

東西線50系車両

ラウム





保安基準の緩和のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの保安基準の緩和 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS