中井英夫とは?

中井英夫(なかい・ひでお)

1922年(大11)、東京生まれ祖父W・S・クラーク弟子、父は植物学者東京大学言語学中退。別名流薔園園丁月蝕領主碧川潭。
在学中、第14次「新思潮」に習作発表
短歌研究」「日本短歌」「短歌」の編集従事
1955年(昭30)、「アドニス21号より、四回にわたって塔亜名義で、「虚無への供物」の原型連載
1957年(昭32)、有馬頼義松本清張文壇作家結成していた「影の会」の世話人務める。
1962年(昭37)、「虚無への供物前半二章までを、塔晶夫名義で第8回江戸川乱歩賞応募したが、規定枚数越していたこともあり、次席留まり後半完成させて、1964年(昭39)に刊行。中井英夫の名で刊行したのは、1969年(昭44)。熱狂的ファンを持つ戦後屈指の名作であり、1975年(昭50)には、「週刊読売推理小説特集ベスト20アンケート第二位選出される。。ほかには耽美幻想小説が多い。
1969年(昭44)、「久生十蘭全集」を編集
1973年(昭48)に「太陽」に掲載した「悪夢骨牌」で、1974年(昭49)に第二泉鏡花受賞
1979年(昭54)、泡坂妻夫日影丈吉とともに全編暗号で書かれた短編集秘文字」を刊行し、「薔薇への遺言」を発表
1980年(昭55)に「オール読物」に発表した「一粒の葡萄もし…」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1981」に収録される。
また、竹本健治見出した。
1993年(平5)、肝不全により死去



中井英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/13 07:55 UTC 版)

中井 英夫(なかい ひでお、本名同じ、1922年大正11年)9月17日 - 1993年平成5年)12月10日)は、日本短歌編集者小説家詩人三大奇書とされる代表作の『虚無への供物』の作者として著名であるが、ノヴェレット主体のマニエリスティク推理小説幻想文学において知られている。別名に塔 晶夫(とう あきお)、碧川 潭(みどりかわ ふかし)、黒鳥館主人流薔園園丁月蝕領主ハネギウス一世[1]




  1. ^ 世田谷区羽根木が由来
  2. ^ 伊藤文学のひとりごと「上京してきた寺山修司君との、最初の出会い」(2012年2月27日)
  3. ^ KAWADE 道の手帖『中井英夫 虚実の間(あわい)に生きた作家』(河出書房新社2007年)所載「インタビュー 塔晶夫は語る--『虚無への供物』を巡って」p.150


「中井英夫」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中井英夫」の関連用語

中井英夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

探偵小説

探偵実話

黒猫

探偵

ぷろふいる

探偵・映画

宝石

新趣味





中井英夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中井英夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS