サイクルサッカーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > スポーツ競技 > サイクルサッカーの意味・解説 

サイクルサッカー

歴史と沿革

「サイクルサッカー」は自転車に乗って行うサッカーです。元になったのは、1891年頃、アイルランド自転車愛好家たちがポニー(馬)を使った「ポロ競技から考案した「サイクル・ポロ競技」です。1897年にはイギリスで「サイクル・ポロ協会」が発足第一次世界大戦による消滅経て1929年に「サイクル・ポロ協会」が再設立後、イングランドスコットランドアイルランドウェールズフランスドイツに広まり、国際試合始まりました。

片手自転車乗りスティックボールを操る面白さは、より高レベル自転車乗りこなしとスピード求めサイクリストにより、「サイクル・フットボール」へと発展ドイツフランスベルギーなどにも広がり1930年には「芝地サイクルボール」として競技規則制定されました。

そのうちの上での自転車操作天候左右されやすいことから、室内でも練習されるようになりました。制約された狭い空間での少人数による攻防練習は、室内でしか味わえないスピードのある細やかなプレーを生み出し、「室内2人サイクルボール」が考案されました。現在の競技人口世界20カ国で約2万人にのぼります。

日本では現在、全国で約200チーム活動しています。その歴史1957年日本学自転車競技連盟によるサイクルボール普及活動始まります。1967年には日本自転車競技連盟内にサイクルサッカー開発研究委員会発足。「サイクルサッカー」という名称は、サイクルボール競技様式日本でもなじみのあるサッカー似ていることから日本独自の競技名として付けられました。

国内初の大会開催1969年東西8大学参加した全日本大学サイクルサッカー選手権大会です。2001年には世界選手権大会鹿児島県加世田市)、2002年アジア選手権大会千葉県沼南町)など国際大会多数開催また、日本代表チーム世界選手権大会1972年大会から毎年出場し、2007年にAグループに初昇格2008年はAグループ世界上位6カ国)で5位になっています。


競技方法

サイクルサッカーは、2人制の屋内競技と5人制屋外競技があり、日本で主に行われているのは、2人制の屋内競技です。

競技使用される自転車は、ブレーキがなく、固定ギアなので、後ろにこげばバックできます。鹿の角に似たハンドル360回転し、素早いターンや鋭いシュートを打てるように設計されています。

ルールサッカーとほぼ同じですが、競技時間は7分ハーフ合計14分です。コート広さ長さ14m幅11mで、コート周囲フェンスで囲まれています。ボール直径17~18cm、重さ500~600gの布製で中にパンヤ綿などを詰めて、あまり弾まないように作られています。


ルール

試合時間

前半7分→休憩2分→後半7分

試合方法

主審コイントス、または、ジャンケン等で先攻チーム決める。プレーはセンターマーク上に置かれたボールを、主審合図ホイッスル)で先攻側の1人ボールキックして始まる。

プレー中はハンドルから手を、ペダルから足を離してはいけない。ただし、自陣ペナルティーエリア内に前後輪とも入っているときは、キーパーとして自由に手が使え、パンチングキャッチもできる。ただし、ペナルティーエリア内に同時に2人が入ると反則となる。

転倒、または足がペダルから離れて床に着くと、落車と見なされ、プレー続けると反則となる。その他のルールは普通のサッカーとほぼ同じ。

競技資格回復

落車した選手は、自陣エンドラインまで後退し、ライン外の床へ車輪を出すことで再びプレーに戻ることができる。

反則となる行為

特に難しものはなく、相手を押す、押さえる、危険な行為、大声を出す、などが反則となる。

フリーキック

ペナルティーエリア外での反則に対して相手側に与えられる。その場合反則をとられたチーム競技者は、ボールから4m以上離れていなければならない

ペナルティーキック

次のうな重大な反則に対して課せられ、反則を受けたチーム直接ゴールを狙ってキックできる。
1) 自陣ペナルティーエリア内で反則を行ったとき。
2) 自陣ペナルティーエリア外でも重大な反則起こしたとき (例: 自転車から離れ相手プレー妨害したり、ボール制したりすること。自転車投げつけるなどの危険な行為、他)

コーナーキック

普通のサッカーとほぼ同様に行われるが、ボールを置く位置が少し異なる。


道具・コース

サイクルサッカー用自転車

特徴として、ハンドル形状上向きで、サドル位置一般自転車比べてはるか後方にあり、前輪持ち上げキックシュートがしやすく設計されている。また、前後ギア比はほとんど同じになっている

競技コート

試合中、ボールが外に出ないようコート外周専用フェンス設置する。高さは30角度60度。



サイクルサッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/17 01:27 UTC 版)

サイクルサッカーは、自転車で行うサッカーに似たスポーツである。体育館などで行われる室内自転車競技の一種。






「サイクルサッカー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

サイクルサッカーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サイクルサッカー」の関連用語

サイクルサッカーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キックベースボール

エアースポーツシューティング

パークゴルフ

ローンボウルス

キャンプ

トスベースボール

フリスビードッグ

ダブルダッチ





サイクルサッカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイクルサッカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS