カローラ アクシオとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > トヨタの車種 > カローラ アクシオの意味・解説 

カローラ アクシオ

カローラ アクシオ

 2WD
LUXELGX
Super CVT-
i
5速マニュアル Super CVT-
i
5速マニュアル
車両型式重量性能
車両型式
DBA-
ZRE142-

AEXGK *2
DBA-
NZE141-

AEXEK
DBA-
NZE141-

AEMEK
DBA-
NZE141-

AEXNK
DBA-
NZE141-

AEMNK
車両重量kg
1,1901,1501,1201,1301,100
車両総重量kg
1,4651,4251,3951,4051,375
燃料消費率
10・15モード走行
(国土交通省審査値)
km/L
17.218.217.218.217.2
主要燃費向上対策可変バルブタイミング(2ZR-
FE:吸・排気/1NZ-
FE吸気)、
電動パワーステアリング充電制御自動無段変速機CVT車)
最小回転半径m
5.14.9
寸法定員
全長mm
4,410
全幅mm
1,695
全高mm
1,460
ホイールベースmm
2,600
トレッド
mm
1,480
mm
1,4651,460
最低地上高mm
160
室内
mm
1,950
mm
1,440
mm
1,205
乗車定員
5
エンジン
型式2ZR-
FE
1NZ-
FE
種類直列4気筒DOHC
内径×行程mm
80.5×88.375.0×84.7
圧縮比10.010.5
総排気量L
1.7971.496
最高出力ネットkWPS]/r.p.m.
100136]/6,00081110]/6,000
最大トルクネットN・mkg・m]/r.p.m.
175[17.8]/4,400140[14.3]/4,400
燃料供給装置EFI電子制御式燃料噴射装置
燃料タンク容量L
50
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
■ステアリング・サスペンション・ブレーキ・駆動方式
ステアリングラック&ピニオン
サスペンションマクファーソンストラットコイルスプリング
トーションビーム式コイルスプリング
ブレーキベンチレーテッドディスク15インチベンチレーテッドディスク14インチ
リーディングトレーリング式ドラム
駆動方式前輪駆動方式
変速比減速比
第1速
2.386

0.411 *1
2.386

0.411
3.5452.386

0.411
3.545
第2速1.9041.904
第3速1.2331.233
第4速0.8850.885
第5速0.7250.725
後退2.505 2.505 3.2502.5053.250
減速比5.3565.6984.3125.6984.312

*1 LUXEL、LUXEL“αエディション”は7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付。
*2 LUXEL“αエディション”には車両型式末尾に(L)が付きます。
燃料消費率定められた試験条件での値です。実際走行時には、この条件気象道路車両、運転、整備等の状況)が異なってきますので、それに応じて燃料消費率異なります。
(注:この情報2008年7月現在のものです)

トヨタ・カローラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/23 05:12 UTC 版)

(カローラ アクシオ から転送)

カローラCOROLLA)は、トヨタ自動車1966年より製造・販売している乗用車のブランド(商標)、および車名である。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 北米市場向けは5代目まで販売。
  2. ^ 基本的に欧州市場向けだが、5代目のみ日本市場でも販売されていた。
  3. ^ ただし初代はカローラスプリンター名義、5代目-8代目はカローラレビン名義。
  4. ^ 5代目はカローラレビン名義。
  5. ^ 5代目-7代目はカローラFX名義として日本市場でも販売されていた。
  6. ^ 5代目-6代目はカローラFX名義、9代目はカローラランクス名義、およびアレックス名義としてそれぞれ日本市場でも販売されていた。
  7. ^ 日本市場向けは4代目以降より販売(ただし5代目と8代目は除く)。9代目以降より日本市場向けのみカローラフィールダー名義となる。
  8. ^ 日本市場専売でカローラセレス名義で販売されていた。
  9. ^ 8代目は日本市場向け専用(カローラスパシオ名義)、9代目は日本市場および欧州市場向け専用(前者はカローラスパシオ名義、後者はカローラヴァーソ名義)、10代目は欧州市場向け専用(カローラヴァーソ名義)としてそれぞれ販売されていた。
  10. ^ 北米向けのサイオン・xBを元に日本市場向けはカローラルミオン名義、オセアニア市場向けはルークス名義でそれぞれ販売。
  11. ^ クーペ系のみ5代目まで採用。
  12. ^ クーペ系は6代目以降より採用。
  13. ^ ただし中華圏特別行政区市場向けはいずれも2代目(通算11代目)モデルから導入。
  14. ^ ただし中華圏特別行政区市場向けはいずれもマイナーチェンジ後のモデルから導入。
  15. ^ ただし、日本国内では販売シェアやマーケティングなどの都合上、シリーズ10代目よりステーションワゴンのカローラフィールダーが日本国内におけるカローラシリーズの基本形となる。
  16. ^ カローラの排気量拡大指示が長谷川龍雄から正式に出されたのは、発売7ヶ月前の1966年3月22日というまさに逼迫したタイミングであり、技術陣はその後2ヶ月半で排気量拡大を完了させたという(開発陣の一員で、3代目カローラ開発主査を務めた佐々木紫郎に対する、1999年12月の自動車技術会インタビュー[1]による)。
  17. ^ 初代カローラのそれは、後年の一般的なフロアシフト車に見られるリンケージなどを介した運転席近接レイアウトではなく、足元の奥まった位置床下に収まったギアボックスから、長いロッドをそのまま伸ばして手元近くまでグリップを持ってきたもので、古典的なトラックと同様な手法であった。それでもこの時代に全盛であったコラムシフトに比べ、ダイレクトな操作感覚で扱いやすくなり、またメーカーにとってはコラムシフトより構造を簡素化できた。
  18. ^ 当時スポーツモデルでない一般的な乗用車では少数派であったフロアシフト採用に対する市場の反応を危惧し、3速式コラムシフト仕様も用意されたが、実際に売り出すと顧客の多くは4速フロアシフトを選んだ。
  19. ^ 道路運送車両の保安基準改正により、1973年12月1日以降に製作された自動車は後方の方向指示器に燈色が義務化された。
  20. ^ E30型の車両価格が上昇したため、販売落ち込みを懸念した販売店の要請で継続販売。
  21. ^ ワゴン「1500 Gツーリング」以外のグレード、およびバンを除く
  22. ^ ただし、水はけのよいルーフ部や目の触れにくいアンダーフロア部などは除く。
  23. ^ 吸気側・3バルブ、排気側・2バルブ。
  24. ^ 1.3Lモデルは2E型SOHC12バルブから4E-FE型ハイメカツインカムに変更され、1.5Lモデルは3E型SOHC12バルブから5E-FE型ハイメカツインカムに変更された。
  25. ^ 他、国内向けのE110型カローラは2ドアクーペのレビン、スモールミニバンのスパシオ(初代)も含まれる。
  26. ^ ただし、北米仕様のみ2ZZ-GE型エンジンを搭載する「XRS」というスポーツモデル(ZZE131L)が存在する。
  27. ^ セダンのXアシスタパッケージと日本国外仕様には、トヨタのCIエンブレムがフロントグリルに付けられている。日本国外仕様は、1990年代から同社のCIエンブレムが採用されている。
  28. ^ 当初セダンの1.8ラグゼールのみメーカーオプションで設定され、さらにFF車に限りリアブレーキがディスクブレーキ化された。ただし、2004年4月以降の後期型ではTRCが廃止された。
  29. ^ 実際は1999年以降に登場した初代ヴィッツ系の同社のコンパクトクラスの車種(2000年当時の車種では、初代ヴィッツを含むプラッツファンカーゴWiLL Vi初代bBがこれに該当する)に塩ビ系ソルのアンダーコートと水性系塗料がそれぞれ初採用となっている。
  30. ^ ただし、セダンのX アシスタパッケージのみ、これまで通りリアシート用ヘッドレストは装備されていない。
  31. ^ なお、ハロゲンヘッドランプ装着車にはマニュアルレベリングシステムが標準装備となる。
  32. ^ ただし後期型のみ。
  33. ^ ただし4WD仕様のリアブレーキはVSC非装着同様、リーディング・トレーリング式ドラムブレーキのままとなる。
  34. ^ ZZE130Lは1ZZ-FE型エンジン、ZZE131Lは2ZZ-GE型エンジンを搭載していた。
  35. ^ E150型に合わせて、エンジンも最新の1ZR-FEに換装されている。ZRE120L。
  36. ^ カローラアルティスは2代目
  37. ^ 後にごく一部が中古並行という形でロシアミャンマーバングラデシュなど日本国外に流出している。
  38. ^ 2006年のモデルチェンジ直前の情報の中には、次世代のカローラは国内向けにおいても「ナロー」と「ワイド」の2種類が用意されると噂されていたが、結果的に「ナロー」と仮称されていたものが「国内仕様」、同じく「ワイド」が「国外仕様」となり、それぞれ振り分けられたという経緯がある。
  39. ^ E140型とE150型はプラットフォームが異なるため、リヤサスの構造が異なる。E150型はヴィッツ系車種用のプラットフォームで知られるNBCプラットフォームおよびBプラットフォーム同様、ショックアブソーバーとスプリングがそれぞれ独立して取付され、トーションビームの形状はボデーとの取付部は外側に開いているタイプ。
  40. ^ 英国およびドイツ、フランス、イタリアではそれぞれカローラセダンとカローラワゴン(日本名・カローラフィールダー)は販売せず、オーリスのみの販売となる。ただし、ドイツでは既存のMPVであるカローラヴァーソに限り継続販売。
  41. ^ アメリカ向型式例2.4XRS M/TはAZE141L-DEMSKA。1.8LE M/TはZRE142L-DEMDKA。香港・マカオ(いずれも中華圏特別行政区)向型式例1.5STD A/TはNZE141R-AEPEKSD、UAE向例1.8XLI M/TはZZE141L-AEMDKV。
  42. ^ E140型アクシオおよび豪州仕様を含むE140G型フィールダーに限りPCD・100mmの4穴を用いたホイールが継続採用されている。
  43. ^ 中国向け型式例PREMIUM A/TはZRE152L-GEPQKC。また、1ZR-FE 1.6L搭載車もあり、型式例GL M/TはZRE151L-GEMNKC。
  44. ^ 英国・ドイツ・フランス・イタリアを除く。
  45. ^ カローラアルティスは3代目
  46. ^ その一例として後期型の「1.5 G」の場合、FF車がタイヤおよびホイール、フロントディスクブレーキローターの各サイズが15インチから14インチに格下げ(195/65R15 91S → 185/70R14 88S)になり、2WD車、4WD車に関わらず純正アルミホイールのメーカーオプション装着の廃止、並びにスマートエントリー&イモビライザーシステムの標準装備の割愛(ただしメーカーオプションで装着可能)などが挙げられる。また、後期型の法人向け「1.5 X ビジネスパッケージ」の場合、外装、内装共に先代(E120型)の「X アシスタパッケージ」シリーズにほぼ準拠した内容となる。
  47. ^ ステアリングの形状はE140G型フィールダー、およびE150N型ルミオンのエアロツアラー用、E150H型オーリスのSパッケージ用と同一。
  48. ^ ベース車に対し車高が約30mmダウン
  49. ^ 最高出力150ps(110kw)/6.000rpm、最大トルク20.0kgm(20.0Nm)/4.800rpm、使用燃料は無鉛プレミアムガソリン専用。なお、エンジン単体のスペックはヴィッツ "TRD Turbo M"用とほぼ共通。
  50. ^ 型式認定を受けない改造車のため架装車扱いとなり書類上持ち込み登録の販売となる(事実上量販向けのカローラとしては初のガソリンターボエンジン搭載モデル)。もっとも、総排気量が1.5L以下の国産のスポーツセダンとしては1986年の2代目いすゞ・ジェミニ「1.5 イルムシャー」(1.5L SOHC インタークーラーターボモデル)以来、約23年ぶりとなる。また、輸入車における総排気量が1.5L以下のスポーツセダンとしては5代目(日本仕様は3代目)フォルクスワーゲン・ジェッタの「1.4 TSIコンフォートライン」が存在する。こちらはターボチャージャーの他、ルーツ式スーパーチャージャーも搭載されている。
  51. ^ 自然吸気エンジン仕様のスペック自体は4WD車を除く1.5Lモデルの標準車と同一。
  52. ^ このほか、新たに架装メーカーオプションとしてカラードタイプのフェンダープロテクターが用意され、これを装着した場合は全幅が1730mmとなり、3ナンバー登録扱いとなる。
  53. ^ 1.5L・2WD車用の装着タイヤは全て185/65R15 88S。なお、1.5L車用の純正アルミホイールのメーカーオプション装着はこれまで通り無し(ただしディーラーオプション装着は可能)。
  54. ^ この特別仕様車の名称である「Classico」は「Classic」と「Compact」の2つの意味が込められた造語となっている。
  55. ^ ただし、このグレードをベースとした特別仕様車、およびコンプリートカーのGTは例外的にタコメーターが追加装備される。
  56. ^ ただしセンター部分のみ分割式ヘッドレストが採用される(「Xビジネスパッケージ」を除く)。
  57. ^ その後、ヤリスセダンは2代目モデルより日本国内未発売車種のマツダ・2セダン(日本名:マツダ・デミオ)のOEMとなる。
  58. ^ ただし、型式は日本国内仕様と異なり「E16#R」型となる。
  59. ^ ただしE80型 - E110型セダンは「GT」、および「Sクルーズ」等に見られるスポーツ系(前者)、およびスポーティー風(後者)グレードが該当する。
  60. ^ 「モダン篇」のみ出演し、石川さゆり、およびマツコ・デラックス(後にM700A型(3代目)パッソのCMに出演)と共演。ただしフィールダーではE120G型(カローラシリーズ通算9代目)後期型からE140G型(カローラシリーズ通算10代目)後期型まで起用、その後E160G型(カローラシリーズ通算11代目)前期型フィールダーの登場直後に一旦降板していたものの、E160G型前期型フィールダーにハイブリッド車が追加されたのに伴い再び登板となった。
  61. ^ グレード名の由来は「White × Black」の短縮形、または頭文字に由来する。
  62. ^ 当初は特別仕様車として発売し、2015年3月のマイナーチェンジで正式にレギュラー(カタログ)グレード化された。
  63. ^ 非ハイブリッド(ガソリンエンジン)2WD車とハイブリッド車は16インチタイヤ用(185/55R16 83V & 16×5½Jアルミホイール)、非ハイブリッド4WD車は15インチタイヤ用(185/60R15 84H & 15×5½Jアルミホイール)
  64. ^ インターネットの特設サイトでの受付予約限定による500台の限定販売となり、受付予約台数が上限に達した時点で受付予約終了となる。
  65. ^ ただし、水温計の代わりに水温表示灯が装備される。尤も、歴代カローラシリーズで水温表示灯が装備されるのは今回のモデルで初採用となった。
  66. ^ このグレードに限り隠しメーカーオプションでラゲージドアオープナーを未装備にする事ができる。
  67. ^ ただしビジネスパッケージを含む1.3/1.5Xにはドライブモニター付液晶オド/トリップメーター内にピクト表示式のフェールメーター(3代目前期型ヴィッツ、および初代後期型プロボックス/サクシードの各単眼メーターパネル用と同一部品)が採用されている。
  68. ^ MT車はXと同一のウレタン製となり、本革巻きシフトノブは採用されない。
  69. ^ 従来はロービームのみ光源がLED(ハイビームはハロゲン)だったのに対し、1灯の光源でロービームとハイビームの切替ができる。小糸製作所が開発に成功し、2014年11月発売のプリウスα(後期型)にて世界初採用となった。
  70. ^ 先述の通り特別仕様車「1.5G"W×B"」には16インチタイヤ&16インチアルミホイール(同4WD車用は15インチタイヤ&15インチアルミホイール)と「Bi-Beam」LEDヘッドランプパッケージがそれぞれ標準装備となる。
  71. ^ エコジャッジモード・エコウォレットモード・デジタルスピードメーターモード・エネルギーモニターモード・デジタルインフォモード・シンプル表示モードの各種表示機能に対応。
  72. ^ 先述の通り特別仕様車「HYBRID G"W×B"」には16インチタイヤ&16インチアルミホイール、および「Bi-Beam」LEDヘッドランプがそれぞれ標準装備となる。
  73. ^ 初年度と翌年度の実績。うち2台はチームサムライと、同車でGT300に参戦していたaprだった。
  74. ^ ただし、宮城県ではディーゼル店がカローラ店(現:トヨタカローラ宮城)に、パブリカ店は一時カローラ店で冠していたがオート店(現:ネッツ店・ネッツトヨタ仙台)にそれぞれ社名変更。

出典

  1. ^ 『「カローラ」と「サニー」何が明暗を分けたのか トヨタと日産、大衆車50周年の系譜をたどる』森口将之(東洋経済ONLINE)”. 東洋経済新報社 (2016年8月24日). 2016年9月18日閲覧。
  2. ^ a b c カローラ40年目 - 読売新聞 2005年11月13日
    カローラエピソード / 1966年 トヨタ カローラ 1100デラックス - GAZOO.com
  3. ^ 日本で最も売れたベストセラー・カローラは6代目【Corolla Stories 31/50】 - clicccar(2016年10月29日閲覧)
  4. ^ 参考資料
  5. ^ | トヨタ企業サイト |名車ギャラリー | 9代目カローラ
  6. ^ 三栄書房モーターファン別冊・ニューモデル速報 第266弾 新型(9代目)カローラのすべて」 2000年10月14日発行
    ISBN 4-87904-366-4
  7. ^ レーシングドライバー
  8. ^ 糸東流空手の競技選手兼モデル
  9. ^ 参考資料
  10. ^ トヨタ、北米向け カローラ 新型を発表…若々しく変身 - Response 2013年6月8日閲覧
  11. ^ 日経Automotive Technology 2007年冬号『トヨタ自動車「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」- 新開発のエンジンとCVT、バックモニタを標準装備 ワゴンから(先行)開発-』(2009年3月6日閲覧)
  12. ^ グッドデザインファインダー「2007年度 グッドデザイン賞 受賞」
  13. ^ 【JNCAP12】トヨタ カローラアクシオ/フィールダー がファイブスター賞 - Response. 2012年11月28日閲覧。
  14. ^ 開発責任者が語る環境への想い カローラ アクシオ開発責任者 原田 友康 - トヨタ自動車(2015年9月24日閲覧)
  15. ^ “新型カローラフィールダーならびにカローラアクシオを発売” (プレスリリース), トヨタ自動車, (2015年3月30日), http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/7337308 2015年3月30日閲覧。 
  16. ^ JNCAP|予防安全アセスメント|試験車種一覧(すべて) - 独立行政法人 自動車事故対策機構(JNCAP)
  17. ^ 予防安全性能アセスメント 新たに4車種が「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得 - Auto Prove Web 2015年6月3日(2015年10月26日閲覧)
  18. ^ “TOYOTA、カローラの特別仕様車を発売” (プレスリリース), トヨタ自動車, (2016年5月10日), http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/11966976 2016年5月10日閲覧。 
  19. ^ “TOYOTA、カローラの生誕50年記念特別仕様車を発売-限定500台に、初代カローラの赤シートと花冠エンブレムを復刻-” (プレスリリース), トヨタ自動車, (2016年7月11日), http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/12791404 2016年7月11日閲覧。 
  20. ^ 日本のモータリゼーションを支えたカローラ、生誕50年! - オートモビル カウンシル事務局 2016年7月16日(2016年8月8日閲覧)
  21. ^ 『【オートモビル カウンシル】トヨタ、「80点主義+αの思想」の原点となる初代「カローラ」など4台を出展』 初代「カローラ レビン」なども展示(Car Watch) - インプレス 2016年8月5日(2016年8月13日閲覧)
  22. ^ 横浜ゴム・ADVAN FAN「COROLLA Axio GT」(2009年2月20日) - 2009年3月5日閲覧
  23. ^ カローラの車名の由来は何ですか? 車名の由来 - toyota.jp
  24. ^ Washington Post August 26, 2010;"Toyota's Corolla is the people's car in Afghanistan"







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カローラ アクシオ」の関連用語

カローラ アクシオのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クラウン マジェスタ

RAV4

アベンシス セダン

クラウン ロイヤルサルーン

クラウン セダン

クラウン アスリート

プリウス

ヴォクシー


自動車メーカー一覧
トヨタの車種一覧

 ALLION

 ALPHARD

 auris

 AVENSIS SEDAN

 AVENSIS WAGON

 bB

 BELTA

 BLADE

 CAMRY

 Century

 COASTER

 COMFORT

 COROLLA Axio

 COROLLA FIELDER

 COROLLA RUMION

 CROWN ATHLETE

 CROWN COMFORT

 CROWN HYBRID

 CROWN MAJESTA

 CROWN ROYAL

 CROWN SEDAN

 ESTIMA

 HARREIER HYBRID

 harrier

 HILUX SURF

 IPSUM

 ISIS

 ist

 LAND CRUISER

 LAND CRUISER PRADO

 LITE ACE TRUCK

 LITE ACE VAN

 MARKX

 MARKX ZiO

 NOAH

 PASSO

 Porte

 PREMIO

 PRIUS

 Probox VAN

 Probox WAGON

 QUICKDELIVERY200

 RACTIS

 RAUM

 RAV4

 RUSH

 SIENTA

 SUCCEED VAN

 SUCCEED WAGON

 TOWN ACE TRUCK

 TOWN ACE VAN

 VANGUARD

 VELLFIRE

 Vitz

 VOXY

 WISH

 アイシス

 アベンシス セダン

 アベンシス ワゴン

 アリオン

 アルファード

 イスト

 イプサム

 ウィッシュ

 ヴァンガード

 ヴィッツ

 ヴェルファイア

 ヴォクシー

 エスティマ

 エスティマハイブリッド

 オーリス

 カムリ

 カローラ アクシオ

 カローラ フィールダー

 カローラ ルミオン

 クイックデリバリー200

 クラウン アスリート

 クラウン セダン

 クラウン ハイブリッド

 クラウン マジェスタ

 クラウン ロイヤルサルーン

 クラウンコンフォート

 コンフォート

 コースター

 サクシード バン

 サクシード ワゴン

 シエンタ

 センチュリー

 タウンエース トラック

 タウンエース バン

 ノア

 ハイラックス サーフ

 ハリアー

 ハリアー ハイブリッド

 パッソ

 プリウス

 プレミオ

 プロボックス バン

 プロボックス ワゴン

 ポルテ

 ビービー

 ブレイド

 ベルタ

 マークX

 マークX ジオ

 ライトエース トラック

 ライトエース バン

 ラウム

 ラクティス

 ラッシュ

 ランドクルーザー

 ランドクルーザー プラド




カローラ アクシオのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
TOYOTATOYOTA
©1995-2017 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトヨタ・カローラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS