アラックとは?

Weblio 辞書 > 食品 > 焼酎・泡盛用語 > アラックの意味・解説 

アラック(あらっく)

中近東東アジア地域に共通し蒸留酒総称原料ヤシ樹液、根塊類、穀類など多岐にわたる語原アラビア話(a-raqアラク)で肉体の汗、壁の結露ヤシの葉のひだなどから転じてミルク、酒、蒸留酒を意味する。中国元朝の書『飲膳正要』に「阿刺吉(あらき)酒」、同じく、『居家必用事類全集』では「阿里乞」と焼酎を称し、後者はその製法の中で熱せられた酒から立ちのぼる焼酎蒸気を「汗」と呼んでいるところはアラクの意味をよく表現している。中国では製法とともに伝えられたアラビア名をうたったのであろうわが国では、16世紀末の『南航日記残簡』に「勝酒」とあり、『徳川実記』によると焼酎呼称は、琉球りゅうきゅう焼酒焼酎焼酒泡盛酒と17世紀通じ変化しているが、17世紀末の『本朝食鑑』で「志也宇知宇(しやうちう)、阿羅岐(あらき)、荒気(あらき)」、18世紀初めの『和漢三才図会』で「焼酎火酒阿剌吉酒」を同義語として扱うようになった。これらは16世紀末の中国書『本草綱目』に準じたものと思われるが、18世紀初めの書『巻懐食鏡』に「近世阿蘭陀オランダ)国より来る阿剌木…」とみえ、オランダ船が東南アジアからわが国にもたらしたアラックも当時知られていた。東南アジア現存するアラックにはココヤシニッパヤシ、ブリヤシなどの花序切って集め樹液発酵蒸留したものニッパワインなど)や、コメキャッサバ(和名イモノキ。別名マオニク。からタピオカと呼ぶデンプンをとる。)などを餅麹もちこうじ)で糖化発酵蒸留したものなどがある。

アラック

名前 Arac

アラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/09 03:54 UTC 版)

アラック、あるいはアラクアラビア語: عرق‎、ヘブライ語: ערק‎)は、中近東、特にイラクシリアを中心とし、エジプトスーダンのような北アフリカ地方などでも伝統的につくられてきた蒸留酒[1]。アラクはイスラエルパレスチナにおいても入手可能である。






「アラック」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アラックに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アラック」の関連用語

アラックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

嘉瀬川

2000系

Web 2.0

ミニキャブ バン

8000系

ダグラス式DC-10-40型

正法寺川北沢第二号石堰堤

ウワバミソウ





アラックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2016.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアラック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS