競争力 競争力と日本経済

競争力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 10:12 UTC 版)

競争力と日本経済

1919年から1931年にかけての経済論壇の主流は、経常収支赤字による対外準備減少を日本の国際競争力の欠如であり、通貨高デフレーションによって非効率な部門の淘汰し国際競争力を高めていこう、という輸出競争主義や絶対優位の思考に陥ったものであった[27]。当時の歴代内閣の大半も、国際競争力は高コスト体質から来ていると解釈し、物価・賃金の引き下げを狙ったデフレーション政策を志向した[27]。これは正しく絶対優位に基づいた考え方である。なお、デフレーションの進行で、名目賃金は低下するが、実質賃金外貨建ての輸出価格は共に高騰する。

1985年9月に成ったプラザ合意から、円高が急速に進み日本製品の国際市場における価格競争力が低下した[28]。同時に、労働コストが他の工業国に比べ上昇したため、日本国内に生産拠点を持っていた比較優位産業(輸出製造企業)の収益性[11]が失われた[28]。なお、既述のように、これを他国との価格競争力の絶対比較で判断してはならない。

バブル崩壊後の日本では、国際的競争力を輸出競争力という誤用での意味に基づかせて「日本の国際的競争力は経済のグローバル化の影響で低下している。」・「(国際的競争力の低下に因って)日本の産業の空洞化が進んでいる。」という見方が広まった[19]。日本の正しい意味での国際競争力の低下は、1980年代から明らかとなり、デフレーション基調に陥ったバブル崩壊後の1990年代後半から顕著となっている[29]。この国際競争力の低下に対応し、日本の製造業の生産拠点が労働コストの低いアジア地域に移転され、そこから第三国にも輸出される(三角貿易)ようになった[28]。このような現象が起こった原因が輸出競争力の低下などではないことは、収益性の大幅低下に苦しむ電機産業が群を抜いて爆発的と言って良いほど高い上昇率で実質労働生産性成長を遂げている[30]という事実から、明らかである。


  1. ^ 世界を変えた経済学の名著日本経済新聞社日本経済新聞出版社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年5月。ISBN 978-4-532-19684-4
  2. ^ “TROPICS, GERMS, AND CROPS: HOW ENDOWMENTS INFLUENCE ECONOMIC DEVELOPMENT” (PDF). NBERワーキングペーパー (全米経済研究所) 9106. (2002年8月). http://www.nber.org/papers/w9106.pdf. 
  3. ^ 竹中平蔵『竹中先生、経済ってなんですか?』ナレッジフォア、2008年5月。ISBN 978-4-903-44109-2
  4. ^ 最新キーワードでわかる! 日本経済入門日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年9月。ISBN 978-4-532-19142-9
  5. ^ The Competitive Advantage of Nations. ハーバード・ビジネススクール. (1990年). ISBN 978-0-684-84147-2. http://www.hbs.edu/faculty/Pages/item.aspx?num=189 
  6. ^ “National Competitiveness: A Question of Cost Conditions or Institutional Circumstances?”. ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・マネジメント (ジョン・ワイリー&サンズ) 15 (3): 197–218. (2004-08-12). doi:10.1111/j.1467-8551.2004.00415.x. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1467-8551.2004.00415.x/full. 
  7. ^ a b “A grounded approach to identifying national competitive advantage” (PDF). エンヴァイロメント・アンド・プランニング (セイジ・パブリケーションズ) A (35): 631-657. (2003年). doi:10.1068/a35110. http://epn.sagepub.com/content/35/4/631.full.pdf. 
  8. ^ a b 最新キーワードでわかる! 日本経済入門三菱総合研究所日本経済新聞出版社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年5月。ISBN 978-4-532-19450-5
  9. ^ 伊藤修日本の経済-歴史・現状・論点中央公論新社中公新書〉、2007年5月25日。ISBN 978-4-12-101896-0
  10. ^ a b c 野口旭グローバル経済を学ぶ筑摩書房ちくま新書〉、2007年5月7日。ISBN 978-4-480-06363-2
  11. ^ a b バブルデフレ期の日本の金融政策 (PDF) 」 『バブル/デフレ期の日本経済と経済政策』、経済社会総合研究所(ESRI)、2009年。
  12. ^ 小宮隆太郎貿易黒字・赤字の経済学 日米摩擦の愚かさ東洋経済新報社、1994年9月1日。ISBN 978-4-49-239194-5
  13. ^ a b ポール・ロビン・クルーグマン. “Competitiveness: A Dangerous Obsession” ((英語)). 外交問題評議会(CFR). 1994年3月1日閲覧。
  14. ^ “The Impact of Business Regulatory Reforms on Economic Growth” (PDF). Journal of the Japanese and International Economies (エルゼビア) 26 (3): 285–307. (2012年). ISSN 0889-1583. http://poseidon01.ssrn.com/delivery.php?ID=065004099094075103083027029117112077008034068021065036067100101107017075125002115118017016059047050120097083119002106079068067123047029051078025092102079124020080023040052127124007010085122024079101104028110070097026103096017004069078113086103091072&EXT=pdf. 
  15. ^ 菅原晃『高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学河出書房新社、2013年9月10日。ISBN 978-4-309-24628-4
  16. ^ 戸谷隆夫. “国際競争力の妄想”. 税経新人会全国協議会. 2015年10月1日閲覧。
  17. ^ 原田泰コンパクト 日本経済論新世社〈コンパクト 経済学ライブラリ〉、2008年12月25日。ISBN 978-4-88384-132-5
  18. ^ a b ポール・ロビン・クルーグマン. “The Competition Myth” ((英語)). ニューヨーク・タイムズ. 2011年1月23日閲覧。
  19. ^ a b 平成大停滞と昭和恐慌 プラクティカル経済学入門NHK出版NHKブックス〉、2003年8月29日。ISBN 978-4-14-001978-8
  20. ^ 中野剛志TPP亡国論集英社集英社新書〉。ISBN 978-4-087-20584-8
  21. ^ 野口旭ゼロからわかる経済の基本講談社講談社現代新書〉、2002年12月16日。ISBN 978-4-06-149641-5
  22. ^ ジョン・ケネス・ガルブレイス. “ジョン・K・ガルブレイス「文明の衝突は起きない」 ~ 「グローバルビジネス」1994年8月15日号掲載”. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2009年12月30日閲覧。
  23. ^ a b 塩沢由典今よりマシな日本社会をどう作れるか 経済学者の視野から編集グループSURE、2013年6月。
  24. ^ 塩沢由典リカード貿易問題の最終解決 国際価値論の復権岩波書店、2014年3月27日。ISBN 978-4-00-025569-1
  25. ^ 櫨浩一『日本経済が何をやってもダメな本当の理由日本経済新聞出版社、2011年6月。ISBN 978-4-532-35469-5
  26. ^ a b 構造改革論の誤解東洋経済新報社、2001年12月14日。ISBN 978-4-492-39361-1
  27. ^ a b 日本建替論 100兆円の余剰資金を動員せよ!藤原書店、2012年2月。ISBN 978-4-894-34843-1
  28. ^ a b c 30語でわかる日本経済三和総合研究所日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2000年10月。ISBN 978-4-532-19003-3
  29. ^ 竹中平蔵あしたの経済学 改革は必ず日本を再生させる幻冬舎、2003年1月28日。ISBN 978-4-344-90043-1
  30. ^ 内閣府. “国民経済計算(GDP統計)”. 内閣府. 2015年10月1日閲覧。


「競争力」の続きの解説一覧




競争力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「競争力」の関連用語

競争力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



競争力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの競争力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS