富士通アドバンストエンジニアリング 富士通アドバンストエンジニアリングの概要

富士通アドバンストエンジニアリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 06:57 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社富士通アドバンストエンジニアリング
FUJITSU ADVANCED ENGINEERING LIMITED
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 FAE
本社所在地 日本
163-1018
東京都新宿区西新宿3丁目7-1
(新宿パークタワー)
設立 1977年12月22日
業種 情報・通信業
法人番号 1011101049528
事業内容 情報ソリューションの開発・販売事業
代表者 代表取締役社長小原 恒明
資本金 1億円
売上高 352億8800万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 22億1000万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 22億0600万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 22億9600万円(2020年03月31日時点)[2]
総資産 192億5400万円(2020年03月31日時点)[2]
従業員数 968人(2019年3月末)
決算期 3月31日
主要株主 富士通株式会社
外部リンク http://jp.fujitsu.com/group/fae/
テンプレートを表示

主力製品・事業

主要事業所

沿革

  • 1977年 - 富士電機50%・富士通50%出資の合弁会社 富士ファコム制御株式会社として設立される
  • 1980年 - 関西事業所を開設する。富士ファコムソフトウェア開発株式会社(後の富士ファコムシステム株式会社)を設立する
  • 1981年 - 中部事業所を開設する
  • 1985年 - 関西富士ファコムシステム株式会社を設立する
  • 1987年 - 中部富士ファコムシステム株式会社を設立する
  • 1988年 - 出資比率が富士電機60%・富士通40%へ変更される。四国富士ファコムシステム株式会社を設立する
  • 1990年 - 東北富士ファコムシステム株式会社、九州富士ファコムシステム株式会社を設立する
  • 1997年 - 関係会社6社を富士ファコムシステム株式会社(後の株式会社FFCシステムズ)に統合する。株式会社FFCへ社名変更する
  • 2002年 - 新宿ソリューションセンターを開設する
  • 2007年 - 本社事務所を新宿パークタワーに移転する
  • 2008年 - 富士電機から富士通への株式譲渡により富士通100%出資会社となる
  • 2008年10月1日 - 株式会社富士通アドバンストエンジニアリングへ社名変更するとともに、株式会社FFCシステムズを統合する。
  • 2021年4月1日 - 富士通へ吸収合併され、富士通アドバンストエンジニアリングは解散[3]

脚注

[脚注の使い方]



「富士通アドバンストエンジニアリング」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「富士通アドバンストエンジニアリング」の関連用語

富士通アドバンストエンジニアリングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



富士通アドバンストエンジニアリングのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの富士通アドバンストエンジニアリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS