コマツオトメ コマツオトメの概要

コマツオトメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/13 03:09 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
コマツオトメ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: サクラ属 Cerasus
学名
Cerasus spachiana ‘Komatsu-otome’
和名
コマツオトメ (小松乙女)

ソメイヨシノとの関係

2007年千葉大学の中村郁郎らの研究グループによりコマツオトメがソメイヨシノの片親であるという可能性が指摘されたが[1][2][3]2012年に同グループによりコマツオトメはあくまでもソメイヨシノと近縁であるにすぎないことが発表された[4]。その後の2014年には、首都大学東京の加藤珠理らの核SSR(シンプル・シーケンス・リピート)法を利用した従来より精度の高いDNA解析により、ソメイヨシノの起源はエドヒガン47%、オオシマザクラ37%、ヤマザクラ11%、その他5%の交雑であることが明らかにされた[5][6][7](詳細はソメイヨシノ参照)

現在ではコマツオトメはソメイヨシノの子であると考えられている[8]

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


  1. ^ “ソメイヨシノの「両親」判明=オオシマザクラとコマツオトメ−遺伝子解析で”. 時事通信. (2007年3月26日). オリジナルの2007年3月29日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070329190923/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000063-jij-soci 2012年4月9日閲覧。 
  2. ^ PolA1遺伝子解析によるサクラの類縁関係 -ソメイヨシノの起源-”. 日本育種学会第111回講演(公演番号234)p.4.. 日本育種学界 (2007年3月26日). 2011年2月25日閲覧。
  3. ^ 『ソメイヨシノの起源、“染井村説”有力-千葉大・静岡大などが解析』、日刊工業新聞、2007年3月27日。
  4. ^ 「母」は北関東のエドヒガンか=ソメイヨシノと葉緑体DNA一致-千葉大、時事通信 2012年5月5日
  5. ^ DNAからわかったサクラ品種の真実 ―そのほとんどは雑種が起源― 森林総合研究所、2014年6月16日
  6. ^ Online Resource 5. Inferences, from morphological classification and STRUCTURE analysis, on the origins of Japanese flowering cherry cultivars p.7 最後の行、‘Yedoensis’/染井吉野 (Cer194) 、STRUCTURE analysis (K = 11)、 Tree Genetics & Genomes Volume 10, Issue 3(2014) , pp 477-487、30 Jan. 2014、Supplementary Material (5)  11295_2014_697_MOESM5_ESM.pdf (318KB)  なお、pen は、P.(Prunus) pendula f. ascendens(エドヒガン)、jamはP. jamasakura(ヤマザクラ)、lan. speはPrunus lannesiana var. speciosa(オオシマザクラ)のそれぞれ略称である。
  7. ^ ソメイヨシノの起源に迫る サイエンスZERO、NHK総合、2014年4月5日放送のまとめ、2015年4月6日
  8. ^ 勝木俊雄『桜』p69、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346


「コマツオトメ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コマツオトメ」の関連用語

コマツオトメのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コマツオトメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコマツオトメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS