ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第6シリーズ) ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第6シリーズ)の概要

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第6シリーズ)の解説 > ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第6シリーズ)の概要 

ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第6シリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 09:50 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲゲゲの鬼太郎 > ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第6シリーズ)
ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル ホラー妖怪バトル少年向けアニメ
アニメ
原作 水木しげる
シリーズディレクター 小川孝治
シリーズ構成 大野木寛
脚本 大野木寛、吉野弘幸金月龍之介長谷川圭一
キャラクターデザイン 清水空翔
音楽 高梨康治、刃-yaiba-
アニメーション制作 東映アニメーション
製作 フジテレビ読売広告社
東映アニメーション
放送局 フジテレビほか
放送期間 2018年4月1日 - 2020年3月29日
話数 全97話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

概要

舞台の一つとなった境港市

原作者の水木しげる没後初のシリーズであり、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(第1シリーズ)放送開始50周年を記念して制作された。目玉おやじ役は、第1シリーズより長年にわたって同役を担当した田の中勇2010年に逝去したことに伴い、本作品では第1・第2シリーズ墓場鬼太郎の3作品で鬼太郎役として主演を務めた野沢雅子が担当[1][2]。他のメインキャストも従来のシリーズ同様に一新された[注 1][注 2]

メインスタッフも一新されてはいるが、過去のシリーズで脚本・演出・作画等で参加したスタッフが一部続投や再び制作に携わってもいる。音楽は実写映画2作目の『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』も手掛けた高梨康治が担当している。前作と同様に、EDにはオリジナル曲が採用されているが、水木しげるの次女・水木悦子が作詞している歌もあり(3番目のED)、本作品でも劇中曲に「カランコロンの歌」のアレンジBGMが存在する。

本作品では、インターネットSNSスマートフォンの普及により、妖怪を含む「見えないもの」を信じられなくなったり、傲慢な人間が増えた21世紀の社会を舞台にしている。それに合わせエピソードも原作の風刺色が強く退廃的な作風や、過去のシリーズ同様にユーモラスなシーンも織り交ぜながら、21世紀の世相の暗い部分の影響下での人間の心の闇などを取り入れたものが多くなっている。それだけに善良な人間と悪辣な人間の対比も歴代より際立っており、鬼太郎たち妖怪の行動が即座に人間社会を激変させるような影響に至る頻度は多くないが、直接・間接を問わず妖怪と関わったり怒らせたりした悪人たちには、個々に因果応報的な報いが齎されることがほとんどである。その際も鬼太郎たちは、反省したり悔い改めようとしない身勝手で卑劣な人間には無用の情けを一切掛けず愛想を尽かして見捨てる事が少なくない。また、鬼太郎自身の性格やゲゲゲの森は、これまでのシリーズと比べてかなり人間に対し閉鎖的に描かれており、鬼太郎は妖怪と人間はあまり交わるべきでないと考え、ゲゲゲの森は4話で裕太が入るまで約200年以上も人間が入ったことがない異次元的な空間に存在する(作中では東京調布市の神社裏にある森から基本的に妖怪だけが入れるようになっている)。鬼太郎たちとの戦いなどで妖怪が倒されるシーンの一つに、肉体を失った直後に魂が残る演出もされていて生物でいう「死」に等しい状態となるが、歴代の主題歌にもあるように「妖怪は滅多に死なないので魂だけとなっても、いつの日か永い年月を経て失われた肉体は再生される事が多い」と言及される[注 3]

また第3シリーズの天童ユメコ以来となる人間側のヒロインとして、本作品では中学生の犬山まながレギュラー登場する。まなはユメコ同様にオリジナルキャラだが、調布市に住んでいて父親の実家が境港市であるなど、原作者の水木しげるに関連した設定が付加されている。従来からの妖怪側のヒロインであるねこ娘は、本作品では成人女性に近いスタイルの美女として描かれ、ファッションや頭髪もアレンジされて第4シリーズに近いカラーリングとなった。この他ねずみ男の衣装は第3シリーズと同じ濃い空色となっている。完全に全話登場しているのは鬼太郎と目玉おやじの2名であり、ねこ娘はメインヒロインとしてほぼ毎回登場するが、時折姿を見せない話や出ても台詞なしの場合もある。ねずみ男も前作よりは出番が多くなった(ねこ娘よりは少ない)が、全ての話に絡んで来るわけではなく、登場しないエピソードやしても金にならなければ途中で立ち去る回もある。まなは正義感の強い性格から第3シリーズのユメコよりも活躍する頻度は多いが、ユメコと違い最初はゲゲゲの森へ入れなかったこともあり(ゲゲゲの森へ入れるようになったのは第37話から)、登場しない話も少なくない。

『鬼太郎』のアニメ作品においては(『墓場鬼太郎』を除く)初めて、「鬼太郎が赤ん坊の頃水木という青年に育てられた」ことが言及されている。鬼太郎が少年の姿のまま何十年も生きているという描写は従来同様だが、本作品では鬼太郎のみならず鬼太郎ファミリー全員が、数十年前から現在と姿が変わっていない描写もなされているおり、この点が明確に描かれたのは本作品が初めてである[注 4]。また目玉親父のかつての姿として、これまでは不治の病で全身に包帯を巻いた姿しか描かれなかったが、本作品では病罹患前の幽霊族としての全盛期にあたる姿が初めて描かれている。

大半の事件は各話毎に解決しているが、それとは別個に大まかに話数クールの節目毎に区切る形式にて複数のが描かれている。まず第1話からは、謎の存在・「名無し」が鬼太郎たちと敵対する最初の大きな黒幕的存在として登場し、第11・12話で八百八狸軍団が襲来する「八百八狸前・後編」などの幾つかの大きなストーリーの進展と共に、まなを標的にする描写が増えていく。第16話からはシリーズ初の水木しげるの故郷・鳥取県境港市が舞台となる「境港編」も、短編として各章の中で定期的に挿入されるようになった。第27話からは鬼太郎の宿敵・バックベアード率いる西洋妖怪軍団が登場する「西洋妖怪編[3]が描かれた。西洋妖怪のヴィジュアルは、前作同様に原作の設定はベースにしつつも大幅にアレンジされた。この「西洋妖怪編」では、原作からアレンジされた西洋妖怪キャラの一人にして、ねこ娘とまなに次ぐヒロインポジションとなる魔女のアニエスが第27話から第37話まで鬼太郎ファミリーの仲間として毎回登場した。「西洋妖怪編」にもバックベアード軍団が絡まない事件があり、名無しが日本妖怪と西洋妖怪の戦いを利用する存在として裏で関与していた。第37話で鬼太郎ファミリーは西洋妖怪軍団に勝利する。アニエスは「西洋妖怪編」終了後も鬼太郎たちに重要な情報を伝えたり、決戦時に助っ人として駆け付けるなど要所で活躍する。第38話からは通常通りの無関係な単発の事件を各話毎に解決する形式と同時進行する「名無し最終決戦編」が描かれ、クライマックスとなる第47話から第49話で名無しの正体とまなを狙っていた理由も明かされたうえで決着がつけられた。しかし、この「名無し最終決戦編」クライマックスでねこ娘とまなの身に起きた出来事は、間接的に鬼太郎ファミリーの次の戦いへのきっかけとなり、第50話からは鬼太郎ファミリーと地獄から脱獄した(事件の発端に改元を絡めている)極悪妖怪と呼ばれる「大逆の四将」[注 5]や妖怪を憎む鬼道衆の末裔・石動零(いするぎれい)の三つ巴戦へと展開していく「地獄の四将編[5]が描かれる。「地獄の四将編」も四将や零が絡まない話は多く、さらに第56話・第57話では一度37話にて鬼太郎に倒されたバックベアードのことにも触れており、水面下で復活計画が企てられていることも判明している。第74話から「地獄の四将編」は、クライマックスとして四将の中でも特に強力な妖怪である九尾の狐玉藻前との決戦へ突入し、第75話で決着となったが大逆の四将を地獄から脱獄させた張本人は不明なままで、第76話からは鬼太郎の宿敵・ぬらりひょんと側近の朱の盆が登場する「最終章・ぬらりひょん編[6]が描かれ、ぬらりひょんが大逆の四将を脱獄させた張本人と判明し、鬼太郎ファミリーと対峙する。ぬらりひょんたちが絡まない単発の事件も描かれながら、ぬらりひょんは復活したバックベアード率いる西洋妖怪軍団を利用して、同時に女性総理も巧みに妖怪を憎む心境へと誘導し、関っている全ての妖怪と人間を泥沼の戦争状態へと陥れていく。最終話で各首謀者の死により事態は収束するが、その代償としてまなが鬼太郎を助けるために記憶を失い、周囲の妖怪と人間の関係者全員が成り行きを見守る中、まなは10年後に鬼太郎と再会して記憶を取り戻し、そこから鬼太郎ファミリーやアニエス・アデル姉妹などの妖怪たちとの交流が再開されるという場面で完結を迎えた。

次回予告の決め台詞は「見えない世界の扉が開く」。予告ナレーションは鬼太郎が目玉おやじに語り掛ける形式だが、目玉おやじのナレーションは殆ど無く、最終章の第95話のみ鬼太郎の名前を呼ぶナレーションが入った。

後番組『デジモンアドベンチャー:』の新型コロナウイルスの感染拡大の影響による放送延期と休止に伴い、代替番組として本作品の一部の話数[注 6]の再放送が、本放送終了後の2020年4月26日から5月31日まで[7]実施された[8]

2020年6月1日放送批評懇談会により発表された第57回ギャラクシー賞にて、テレビ部門特別賞を受賞した。アニメーション作品が同賞を受賞するのは創設以来史上初で、贈賞理由では「原作を現代社会にあわせるなど表現を工夫しながら、基本設定は原作そのままで、社会や時代が変わっても、人間社会が抱える闇や怖さは原作時代同様普遍的であると教えてくれた。日曜の朝に子どもたちに向けて丁寧にメッセージを送ることに徹底して作られ、それが多くの人たちの共感を呼ぶ。テレビアニメのあるべき仕事」と原作に回帰した作品作りや、原作同様の普遍性や作品性を評価している[9][10]

キャスト




注釈

  1. ^ メインキャストには、古川登志夫田中真弓山口勝平など過去のシリーズで準レギュラーとして出演歴のある声優も起用された。
  2. ^ ゲスト出演としての声優には、過去のレギュラー出演歴などを意識したキャスティングが成される場合もある。
  3. ^ ただし魂まで破壊されると、本当の死と同様に扱われて墓が作られることもある(その場合は、時を経て再生できるかは言及されていないが、47話で魂まで消されたと思われたねこ娘は、49話で地獄へ行きかけていたことが判明し、鬼太郎が閻魔大王に交渉したことで、一旦幼女の姿に戻る形で復活している)。
  4. ^ 作中にて具体的に描かれた数十年前とは、それぞれ歴代のテレビシリーズが放送開始した年であり、各作品へのオマージュ描写を通して鬼太郎ファミリー全員が数十年前から、姿も変わらず活動していたことを示していた。
  5. ^ その内の一体・黒坊主は第4シリーズでねずみ男役としてレギュラー出演を務めた千葉繁が担当[4]
  6. ^ 内訳は第1話「妖怪が目覚めた日」、第2話「戦慄! 見上げ入道」、第6話「厄運のすねこすり」、第7話「幽霊電車」、第9話「河童の働き方改革」、第14話「まくら返しと幻の夢」の計6話分。
  7. ^ ねこ娘と2役[11]
  8. ^ 第5シリーズでねずみ男役だった事と、第4・第5シリーズの白山坊を第1・第2シリーズ・墓場鬼太郎のねずみ男役だった大塚周夫が担当していた関連による特別キャスト[12]
  9. ^ 第4シリーズでねこ娘役だった事による特別キャスト[13]
  10. ^ 第3シリーズでネコ娘役だった事による特別キャスト[14]
  11. ^ 第5シリーズでネコ娘役だった事による特別キャスト[15]
  12. ^ キャラクターデザインと性格設定が第5シリーズのネコ娘をモチーフにされた事による特別キャストで、沼御前との2役[16]
  13. ^ 第3シリーズで人間側のレギュラーヒロイン・天童ユメコ役だった事による特別キャスト[17]
  14. ^ 同じ曲の映像の1シーンがストーリーに合わせて変更されるのは、テレビシリーズとしては初めてである。
  15. ^ アイキャッチとしての使用に際し、本作品におけるキャラクターデザインとのすり合わせは行われている(例として、ねずみ男の服や猫娘の髪色は配布版では第5シリーズをベースにしていたことから、それぞれ黄色と茶色なのに対し、アイキャッチ版では濃い空色と紫色に変更されているなど)。一方、劇中で猫娘のアイコンやLEIN(LINEのパロディ)に使用されている猫娘スタンプは配布版(第5シリーズ)と同じ茶色髪となっている。
  16. ^ 2018年8月26日、2019年8月25日は『北海道マラソン』(8:55 - 11:50)の中継放送のため、12:00 - 12:30に時差ネット。
  17. ^ 2019年10月13日は『東北・みやぎ復興マラソン』(9:00 - 9:30)の中継放送の予定だったが台風19号の接近に伴い中止になった。ただし、この時間は別番組での穴埋めになり、16:00 - 16:30に時差ネット。
  18. ^ 2019年9月までは新潟総合テレビ。
  19. ^ 同年4月4日より『めざましどようび』のフルネット化に従い、最終話のみこの日に放送。
  20. ^ 最終話は日曜 6:15 - 6:46に放送。
  21. ^ 2020年4月3日から放送時間を変更。同年3月28日までは土曜 5:30 - 6:00。
  22. ^ 月曜 - 水曜・金曜 16:20 - 16:50
  23. ^ 「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」開催のため第9話まで集中放送。通常は未ネット。
  24. ^ 「夏休みSP」として第32話まで集中放送。
  25. ^ 前番組『ドラゴンボール超』は放送されていた。

出典

  1. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎」新作が4月開始!鬼太郎は沢城みゆき、目玉おやじに野沢雅子
  2. ^ キャストコメント到着! ニュース 新番組「ゲゲゲの鬼太郎」”. 東映アニメーション (2018年1月19日). 2019年1月12日閲覧。
  3. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎」10月7日から新章「西洋妖怪編」 新ビジュアルに一つ目のバックベアード登場”. アニメ!アニメ! (2018年9月1日). 2018年9月1日閲覧。
  4. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)公式‏@kitaroanime50th”. 2019年6月29日閲覧。
  5. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎」2年目突入で新章“地獄の四将編”へ! カギを握る新キャラ・“石動零”とは…”. アニメ!アニメ! (2019年3月8日). 2019年3月8日閲覧。
  6. ^ 10月6日(日)より、新章「最終章ぬらりひょん編」スタート!!”. 新番組「ゲゲゲの鬼太郎」. 東映アニメーション. 2019年9月25日閲覧。
  7. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期) 再放送のお知らせ”. 東映アニメーション (2020年5月22日). 2020年5月31日閲覧。
  8. ^ 新生「デジモン」第4話以降の放送を休止、来週から「ゲゲゲの鬼太郎」を再放送”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年4月20日). 2020年4月20日閲覧。
  9. ^ ゲゲゲの鬼太郎:テレビアニメ第6期がギャラクシー賞 テレビ部門特別賞”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2020年6月1日). 2020年6月1日閲覧。
  10. ^ ゲゲゲの鬼太郎:朝から「攻めた」第6期 ギャラクシー賞で評価された原点回帰、普遍性”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2020年6月18日). 2020年6月18日閲覧。
  11. ^ 庄司宇芽香‏@UMEMOMOKA”. 2018年6月9日閲覧。
  12. ^ 「『地獄の四将編』が目指す鬼太郎自身のドラマ」『アニメージュ』2019年9月号、徳間書店、79頁。
  13. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)公式‏@kitaroanime50th”. 2019年1月13日閲覧。
  14. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)公式‏@kitaroanime50th”. 2019年1月13日閲覧。
  15. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)公式‏@kitaroanime50th”. 2019年1月13日閲覧。
  16. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)公式‏@kitaroanime50th”. 2019年1月13日閲覧。
  17. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)公式‏@kitaroanime50th”. 2020年2月15日閲覧。
  18. ^ 「Mフェア」アニソン特集に高橋洋子、氷川きよし、水樹奈々、宮野真守、三森すずこ”. 音楽ナタリー (2018年6月8日). 2018年7月27日閲覧。
  19. ^ Aqours&Roselia&LiSAら出演! 音楽特番「FNSうたの夏まつり」アニソン&ディズニーメドレー企画”. アニメ!アニメ! (2018年7月22日). 2018年7月27日閲覧。
  20. ^ 『アニメージュ』2019年1月号(徳間書店)の特集「『ゲゲゲの鬼太郎』 エンディングで3種が融合」より。
  21. ^ 8月9日(金)13時からアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(第6期)アニマックスで放送開始!”. 東映アニメーション (2019年6月27日). 2019年6月27日閲覧。


「ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第6シリーズ)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第6シリーズ)」の関連用語

ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第6シリーズ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第6シリーズ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第6シリーズ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS