ΖΖガンダム 武装

ΖΖガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 05:26 UTC 版)

武装

ハイ・メガ・キャノン
頭頂部に装備されている大口径メガ粒子砲[15]。初期の資料では「ハイ・メガ(粒子)・キャノン」と表記され[42]、『ΖΖ』第34話ではジュドーが「ハイ・メガ・キャノン砲」と呼んでいる。また、「ハイパー・メガ粒子砲」とする資料もある[43]
出力は50メガワットで[15]コロニーレーザーの5分の1に相当するとされ[24]、MSがノン・オプションで最終装甲内に装備する武装としては最強クラスの威力を誇る[11]。機体のすべてのジェネレーターを[15]オーバーロード寸前まで稼働させて、発生するエネルギーを収斂させて発射するため[11]、使用後は機体の機能が一時的に低下し[24]、最大出力で発射した場合は機体がほぼ稼働不能の状況に陥るという[11]。本兵装は、サイコガンダムの配備を知ったエゥーゴが、これに対抗するために要求したものといわれる[13]
『ΖΖ』劇中での使用回数は4回と少ない。最初に使用したのは第12話で、キャラ・スーンR・ジャジャの両脚を破壊するが、直後にパワー・ダウンし、ハイパー・ビーム・サーベルも使用不能となる。第20話ではグラナダ上空でガザC 1機を撃破するが、巻き添えで港のハッチも破壊してしまう。第34話では、ダブリン上空でダナ・キライバウを撃破するとともに、エンドラ級巡洋艦「サンドラ」の左舷をかすめ出力低下を引き起こし、撤退させている。最終話でのキュベレイとの一騎討ちではリミッターが解除され(バイオセンサーによるものとされるが、詳細は不明)[30]、頭部を損傷するほどの出力で発射している[注 13]が、キュベレイはバリアを展開して大破を免れている。その後も本機はそのまま戦闘を継続し、ハイパー・ビーム・サーベルも使用している。
GUNDAM EVOLVE../10』でも使用しており、ドーベン・ウルフ1機を撃破している。また、『GUNDAM FRAG.』では、発射試験と思われる映像が見られる。
ダブル・ビーム・ライフル
本機の主兵装。初期の資料では「ダブル・(ビーム)・サーベル」と誤記され[42]、放送当時のムックでも踏襲されたが[44]、プラモデル付属説明書では「ダブル・ビーム・ライフル」に修正された[45]。のちの資料では「2連装メガ・ビーム・ライフル」とするものもある[46]
小型のミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉を内蔵しており[15][23][注 14]、さらに本体からのエネルギー供給も可能である[11]ことから、1門当たり出力10.6メガワットとメガ・バズーカ・ランチャー並みの威力をもつうえ、連射も可能となっている[15]。ただし、砲身は200射ごとに交換が必要となる[24]。マニュアル操作により、出力及びビームの収束率の調整が可能となっている[47]
『GUNDAM EVOLVE../10』では、本体でドーベン・ウルフのビーム・サーベルを受け止めている。
ダブル・キャノン / ハイパー・ビーム・サーベル
バックパックに2基装備。初期の資料では「ダブル・(ビーム)・キャノン / ハイパー・(ビーム)・サーベル」と表記され[42]、前者はその後「ダブル・キャノン」で定着している[48]
ダブル・キャノン時はジェネレーター直結型のビーム砲となり[16]、出力は10メガワット[15]。ハイパー・ビーム・サーベル時は1.1メガワットと[15]一般的なビーム・サーベルの数倍の威力を誇り[16]、1.5倍の長さのビーム刃を形成して[15]ガンダリウム合金製の装甲を容易に破断することが可能[24]
『GUNDAM EVOLVE../10』では、長大なビーム刃をさらに伸ばし、のようにしならせて敵機を切断しているほか、手に持った状態でもビーム砲として使用している。
ミサイル・ランチャー
1基あたりAMA-13Sミサイル21発を搭載する[24]。このミサイルは熱誘導式であり、ロックオン時に目標のスラスターの噴射熱を記憶するため、太陽やフレア弾などの妨害を受けない[24]。基部は規格化されており、別の装備に換装が可能[16]
ダブル・バルカン
頭部に内装。額部(こめかみ)と側面インテーク部にそれぞれ2門の計4門が確認できるが、スペック表では「×2」とされる[15]。口径は60ミリ[24]とされるが、額部のものを60ミリ、インテーク部のを90ミリとする資料もある[11]。装弾数は400発[49]。本機の頭部はハイ・メガ・キャノンを装備しているため損耗率が高く、頻繁にアップデートもされており、バルカン砲はたびたび設計変更を受け、時期によって口径や装弾数、装備位置まで変更されたともいわれる[11]。威力は低いが、牽制や近接防御に使用される[16]
『ΖΖ』劇中では使用している場面は確認できないが、『GUNDAM FRAG.』では地上で車両に発砲し撃破している場面が見られる。この時のバルカンの光条は2つであった。
ウイング・シールド[11]
両前腕部に装備されており、MS形態ではシールド、Gフォートレスおよびコア・トップ形態時には主翼となる。前腕部のウェポン・ラッチに接続されており[15]、着脱が可能[50]。中折れ式で、2枚重ねにした場合は単機能のシールドよりも耐弾性に勝る[11]

目次へ移動する




注釈

  1. ^ 藤田一己が永野稿をクリンナップしたものもあった。
  2. ^ すでに変更可能だったのは武器のみであり、ビームライフルの尾部という危険な部位にコクピットが存在するのは、この名残である。
  3. ^ Gフォートレス形態は機体構造上、コア・ブロックが機体下面に露出するため、後の改修によってコクピット周辺に追加装甲が施されている。
  4. ^ a b MS形態では「14,400kg×4」であるが、コア・ベースのスペック表ではすべて「×2」となっている。
  5. ^ 「14,400kg×4」の場合の総推力は168,200kgとなる。
  6. ^ 「NEO・コア・ファイター」と表記。
  7. ^ Gフォートレス形態で出撃し、ジュドーの搭乗するコア・ファイターと入れ替わるが(総数2機)、合体シーンはバンクを使っているため、コア・トップ側からもコア・ファイターが分離している(総数3機)。
  8. ^ 『マスターグレード ΖΖガンダム』解説には、急遽開発中の航宙戦闘機をメガビームライフルユニットへ改装したものであるという説や、コア・トップは元々Gブルに相当する戦車形態となる予定だったが、ティターンズ崩壊後のネオ・ジオン台頭に伴い、可及的速やかに配備することが求められたため、地上用装備がオミットされてしまったという説が記載されている。
  9. ^ スーパーGフォートレスの設定画を参照。
  10. ^ 第13、15、24、34、35話の6回。
  11. ^ 「14,400kg×4」の場合の総推力は135,600kgとなる。
  12. ^ 第14、17、18、24、34、35話の6回。
  13. ^ この際の演出は、ゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』において「ハイメガキャノンフルパワー」という名称で本機の最強武装として再現されるようになった。
  14. ^ このため、本機は本体の各パーツに内蔵された3つの核融合炉と合わせ、4基のジェネレーターを有する[15]
  15. ^ ΖΖガンダムの頭部は、『機動戦士ガンダムΖΖ』最終話にてキュベレイに対してハイ・メガ・キャノンを発射した際に自壊し、大きく損傷している。「#武装」を参照。
  16. ^ スーパーGフォートレスのMS形態を指すか、別の装備であるかは不明。

出典

  1. ^ a b c 永野護『機動戦士ガンダムZZメモリアルボックスTYPE-1封入ブックレット』バンダイビジュアル、1996年11月、8-9頁。
  2. ^ a b 『B-CLUB Vol.4』バンダイ、1986年3月、106頁。ISBN 9784891893835
  3. ^ a b c d 『B-CLUB Vol.8』バンダイ、1986年6月、26頁。ISBN 9784891893873
  4. ^ a b c 『B-CLUB Vol.3』バンダイ、1985年12月、11頁。ISBN 9784891893828
  5. ^ a b 『The Five Star Stories OUTLINE』角川書店、2001年12月、6-7頁。ISBN 9784048534635
  6. ^ 『グレートメカニックG 2019AUTUMN』双葉社、2019年9月、26頁。ISBN 978-4575465174
  7. ^ 永野護『ファイブスター物語リブート2巻』角川書店、2011年4月、106頁。ISBN 978-4048546225
  8. ^ a b c d e f 『GUNDAM WARS II MISSION ΖΖ』大日本絵画、1988年、156-157頁。ISBN 978-4-499-20526-9
  9. ^ a b 『機動戦士ガンダムMS大全集』バンダイ、1988年、96-98頁。ISBN 9784891893361
  10. ^ HJメカニクス08 2021, p. 92.
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 『マスターグレード MSZ-010 ダブルゼータガンダム』付属説明書、バンダイ、1999年12月。
  12. ^ a b c d e f g 『データコレクション 機動戦士ガンダムΖΖ』角川書店、1997年12月、66-67頁。(ISBN 978-4073075721)
  13. ^ a b c d e 『モデルグラフィックス2月号別冊 ガンダムウォーズII ミッションダブルゼータ/パーフェクトモデリングマニュアル』大日本絵画、1987年2月、17-19頁。(ISBN 978-4499205269)
  14. ^ a b 『ガンダムマガジン』No.3、講談社、1991年3月、64-65頁。
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『1/144 MSZ-010 ΖΖガンダム』説明書、バンダイ、1986年6月。
  16. ^ a b c d e 『ハイグレードユニバーサルセンチュリー MSZ-010 ダブルゼータガンダム』付属説明書、バンダイ、2010年6月。
  17. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE. 25 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.4 MS開発競争編】』バンダイ、1991年2月、116-117頁。(ISBN 978-4891891305)
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 『SD CLUB』第10号、バンダイ、1990年4月、30-31頁。
  19. ^ 『モビルスーツ全集10 可変モビルスーツ・モビルアーマーBOOK』双葉社、2016年3月、49-51頁。(ISBN 978-4575464931)
  20. ^ みやざわ郁雄「始動せよ!ΖΖガンダム!!」『ガンダムマガジン』No.3、1991年3月号、講談社、41-63頁。
  21. ^ ガンダム・センチネル』大日本絵画、1988年9月、13頁。(ISBN 978-4499205306)
  22. ^ a b c d e f g h 『ハイグレード 1/144 MSZ-010 ダブルゼータガンダム』付属説明書、バンダイ、1991年7月。
  23. ^ a b c d 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第57号 2020, p. 24-29.
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 『1/100 MSZ-010 ダブルゼータガンダム』説明書、バンダイ、1986年7月。
  25. ^ a b c d e f g 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.2【グリプス戦争編】』バンダイ、114-118頁。(ISBN 978-4891890186)
  26. ^ a b 『マスターピース ダブルゼータガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2009年3月、38-41頁。(ISBN 978-4797352856)
  27. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 『機動戦士ガンダムΖΖ&Ζ 保存版設定資料集』バンダイ、1986年6月、10-11頁。
  28. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1989年3月、52-53頁。
  29. ^ 『マスターピース ダブルゼータガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2009年3月、15頁。(ISBN 978-4797352856)
  30. ^ a b c d プラモデル『マスターグレード FA-010S フルアーマーダブルゼータガンダム』付属説明書、バンダイ、2000年8月。
  31. ^ 『ホビージャパン』2001年5月号、27頁。
  32. ^ 『機動戦士ガンダムΖΖ』第24話。
  33. ^ a b c d 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MSモビルスーツ大図鑑 PART.2【グリプス戦争編】』バンダイ、46頁。
  34. ^ a b 『マスターピース ダブルゼータガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2009年3月、59頁。(ISBN 978-4797352856)
  35. ^ 『データコレクション 機動戦士ガンダムΖΖ』角川書店、1997年12月、67頁。(ISBN 978-4073075721)
  36. ^ 『マスターピース ダブルゼータガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2009年3月、60頁。(ISBN 978-4797352856)
  37. ^ a b c d e 『B-CLUB SPECIAL35 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、68-69頁。
  38. ^ 『ニュータイプ100%コレクション7 機動戦士ガンダムΖΖ PERFECT EDITION』角川書店、1987年10月、59頁。
  39. ^ SDガンダム GGENERATION』シリーズなど。
  40. ^ 『B-CLUB SPECIAL35 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、98頁。
  41. ^ a b c d e 『モデルグラフィックス別冊 GUNDAM WARS II MISSION ΖΖ』大日本絵画、1987年2月、28頁。
  42. ^ a b c ΖΖ&Ζ設定資料集 1986, p. 10-11.
  43. ^ NT100%ΖΖ 1987, p. 4-5.
  44. ^ アニメディアΖΖ1 1986, p. 77.
  45. ^ 1/144ΖΖ 1986.
  46. ^ データコレクションΖΖ 1997, p. 16-17.
  47. ^ 『ΖΖ』第16話。
  48. ^ MS大全集 1988, p. 68.
  49. ^ 伸童舎「ガンダム・ワールド70の謎」『ジ・アニメ』1986年6月号、13頁。
  50. ^ 『ニュータイプ100%コレクション7 機動戦士ガンダムΖΖ』角川書店、1987年10月20日、4-5頁。
  51. ^ 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第30号 2019, p. 13-14.
  52. ^ MG強化型ΖΖ 2017.
  53. ^ サンエイムック ガンダムvsザク大解剖 2020, p. 97.
  54. ^ a b c d e 『ガンダムマガジン』No.3、講談社、1991年3月、68-69頁。
  55. ^ 『SD CLUB』第10号掲載小説「宇宙の咆哮」による。
  56. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 関西リョウジ『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part2』KADOKAWA、2016年7月、136-137頁。
  57. ^ a b c d e 角川書店「機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス」104ページ。
  58. ^ 稲葉振一郎『オタクの遺伝子 長谷川裕一・SFまんがの世界』太田出版、2005年3月3日初版発行、111頁。ISBN 4-87233-869-3
  59. ^ a b データコレクションΖΖ 1997, p. 22.
  60. ^ a b c d e f g h i 『別冊アニメディア 機動戦士ガンダムΖΖ PART.2』近代映画社、1987年3月、87頁。
  61. ^ 『機動戦士ガンダムMS大全集2013[+線画設定集]』メディアワークス、2012年12月、282頁。(ISBN 978-4048912150)
  62. ^ a b ガンプラファクトリー 2005, p. 94.
  63. ^ 公式サイト強化型ΖΖ 2009.
  64. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MSモビルスーツ大図鑑 PART.2【グリプス戦争編】』バンダイ、118頁。(ISBN 978-4891890186)
  65. ^ a b c d e f g h i j k l m プラモデル『1/144 MSZ-010-B フルアーマーΖΖガンダム』説明書、バンダイ、1987年7月。
  66. ^ サンエイムック ガンダムvsザク大解剖 2020, p. 92.
  67. ^ 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第30号 2019, p. 12-13.
  68. ^ 週刊 ガンダム・ファクト・ファイル 第133号 2007, p. 16.
  69. ^ a b c d e f g h i j k 『別冊アニメディア 機動戦士ガンダムΖΖ PART.2』近代映画社、1987年3月、95頁。
  70. ^ 『機動戦士ガンダム ガンダム最強伝説』竹書房、2009年6月、188頁。(ISBN 978-4812438688)
  71. ^ 『B-CLUB SPECIAL15 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、70頁。
  72. ^ a b c 『ニュータイプ100%コレクション7 機動戦士ガンダムΖΖ PERFECT EDITION』角川書店、1987年10月、50-51頁。
  73. ^ 『ガンダム・センチネル』大日本絵画、1989年9月、75頁。
  74. ^ a b c d e f 『ガンダム・センチネル』大日本絵画、1989年9月、108-109頁。(ISBN 978-4499205306)
  75. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』バンダイ、1989年6月、106頁。(ISBN 978-4891890193)
  76. ^ 『マスターグレード FA-010A ファッツ』バンダイ、2001年9月、組立説明書、2頁。
  77. ^ a b 『マスターグレード FA-010A ファッツ』バンダイ、2001年9月、組立説明書、9頁。
  78. ^ 『ガンダム・センチネル』大日本絵画、1989年9月、81頁。(ISBN 978-4499205306)
  79. ^ 『マスターグレード FA-010A ファッツ』バンダイ、2001年9月、組立説明書、7頁。
  80. ^ a b c 『モデルグラフィックス別冊 GUNDAM WARS II MISSION ΖΖ』大日本絵画、1987年2月、8-9頁。
  81. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w SD CLUB』第9号、バンダイ、1990年2月、30頁。
  82. ^ a b c d e f g h i j k 『月刊ガンダムエース』、KADOKAWA、2018年2月、 80-81頁、 JAN 4910124010280。
  83. ^ a b c d e 『月刊ガンダムエース』、KADOKAWA、2018年8月、 137頁、 JAN 4910124010884。
  84. ^ 「ガンダムトライエイジ BUILD MS 4弾」いよいよ本日12月12日より稼働開始! GUNDAM.INFO、2013年12月12日。
  85. ^ 「オリジナルビルドMS「ガンダムトライオンIII」登場!」『ガンダムトライエイジ』公式サイト






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ΖΖガンダム」の関連用語

ΖΖガンダムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ΖΖガンダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのΖΖガンダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS