nelarabineとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > nelarabineの意味・解説 

ネララビン

分子式C11H15N5O5
その他の名称:2-アミノ-6-メトキシプリンアラビノシド、2-Amino-6-methoxypurne arabinoside、9-(β-D-Arabinofuranosyl)-6-methoxy-9H-purin-2-amine、(2R)-2β-(2-Amino-6-methoxy-9H-purine-9-yl)-5β-(hydroxymethyl)tetrahydrofuran-3β,4α-diol、506U-78、6-Methoxy-9-β-D-arabinofuranosyl-9H-purine-2-amine、506U78、ネララビン、Nelarabine、アラノンジー、Arranon G
体系名:9-(β-D-アラビノフラノシル)-6-メトキシ-9H-プリン-2-アミン、(2R)-2β-(2-アミノ-6-メトキシ-9H-プリン-9-イル)-5β-(ヒドロキシメチル)テトラヒドロフラン-3β,4α-ジオール、6-メトキシ-9-β-D-アラビノフラノシル-9H-プリン-2-アミン


ネララビン

【仮名】ねららびん
原文】nelarabine

特定の種類t細胞性急リンパ芽球白血病t-all)やt細胞リンパ芽球性リンパ腫(t-lbl)の治療に用いられる薬物代謝拮抗薬という種類薬物である。「506u78」、「arranonアラノン)」とも呼ばれる

ネララビン

(nelarabine から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/03 04:59 UTC 版)

ネララビン(nelarabine)は、 T細胞性急性リンパ性白血病およびT細胞リンパ芽球性リンパ腫の治療に用いられる化学療法薬である。 開発コード506U78として知られていた。


  1. ^ Nelarabine”. Guide to Pharmacology. IUPHAR/BPS. 2015年8月21日閲覧。
  2. ^ Cohen, M. H.; Johnson, J. R.; Justice, R; Pazdur, R (2008). “FDA drug approval summary: Nelarabine (Arranon) for the treatment of T-cell lymphoblastic leukemia/lymphoma”. The Oncologist 13 (6): 709–14. doi:10.1634/theoncologist.2006-0017. PMID 18586926. 
  3. ^ http://www.novartisoncology.com/products/atriance.jsp
  4. ^ Lambe,C.U.et al., Cancer Res.1995;55(15);3352.
  5. ^ Rodriguez,C.O.Jr.et al., Cancer Res.1999:59(19);4937.


「ネララビン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「nelarabine」の関連用語

1
56% |||||

2
56% |||||


nelarabineのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



nelarabineのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネララビン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS