Work Breakdown Structureとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > Work Breakdown Structureの意味・解説 

ダブリュー‐ビー‐エス【WBS】


ワークブレークダウン‐ストラクチャー【work breakdown structure】

読み方:わーくぶれーくだうんすとらくちゃー

ダブリュー‐ビー‐エスWBS


WBS

「WBS」とはWork Breakdown Structureの略。プロジェクト必要な作業細分化した構造のことを指す。「WBS」では、プロジェクトの成果物を実現するための作業細分化することによって、必要な作業明確にするこの方法を用いると、より具体性高く必要な工数などが見積もりやすい作業を導くことが容易であるとされている

Work Breakdown Structure

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/27 03:36 UTC 版)

Work Breakdown Structure[1] (WBS、作業分解構造)は、プロジェクトを理解し管理する上で、プロジェクトの各工程を各担当者の作業レベルまで展開し木構造にまとめたもの。どのレベルまで展開するかはプロジェクトの全メンバーが作業内容を「具体的に〇〇をする」と理解出来るレベルまでに分解するのが理想であるが、最低でも作業担当者とプロジェクト管理者の理解が得られるレベルまでは必要である。


  1. ^ Glossary of Defense Acquisition Acronyms and Terms: Contract Work Breakdown Structure (CWBS)”. Defense Acquisition University. 2017年9月19日閲覧。


「Work Breakdown Structure」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Work Breakdown Structureのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Work Breakdown Structureのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWBSの記事を利用しております。
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWork Breakdown Structure (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS