Water lilyとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > Water lilyの意味・解説 

ねったいすいれん (熱帯睡蓮)

Nymphaea cv. Silver Star

Nymphaea cv. St. Louis Gold

Nymphaea cv. St. Louis Gold

Nymphaea cv. Red Flare

Nymphaea G.T. Moore

Nymphaea G.T. Moore

Nymphaea cv.

Nymphaea cv. Pennsylvania

Nymphaea cv. Pennsylvania

Nymphaea cv. Evelyn Randig

Nymphaea cv. Dauben

Nymphaea cv. Dauben

Nymphaea cv.

Nymphaea cv. Pride of California

Nymphaea cv. Azurea

Nymphaea cv. Afterglow

Nymphaea cv. Green Smoke

Nymphaea cv. Eldorado

Nymphaea cv. Isabella Pring

Nymphaea cv. Mrs. George H. Pring

Nymphaea cv. Mrs. Edwards Whintacker

Nymphaea cv. Mrs. Edwards Whintacker

Nymphaea cv. Emily Huchings

Nymphaea cv. Pink Platter

Nymphaea cv. Mrs. Martin E. Randig

Nymphaea cv.

Nymphaea cv.

Nymphaea cv. Afterglow

Nymphaea cv. Pink Platter

Nymphaea cv. Mrs. Martin E. Randig

Nymphaea cv.

熱帯スイレンは、熱帯地域から亜熱帯地域自生する原種の「すいれん」や、その栽培変種いいますそのため寒さ弱くわが国では温室での栽培になります熱帯スイレンには昼咲きと夜咲きがあり、また花色原色に近いものが多く多彩です写真上の品種は「シルバースターcv. Silver Star)」、中1~2は「セントルイスゴールド(cv. St. Louis Gold)」、中3は「レッドフレアcv. Red Flare)」、中4~5は「GTムーアcv. DirectorG.T. Moore)」、中7~8は「ペンシルバニアcv. Pennsylvania)」、中9は「エブリンランディグ(cv. Evelyn Randig)」、中1011は「ドウベン(cv. Dauben)」、中13は「プライドオブカリフォルニア(cv. Pride of California)」、中14は「アズレア(cv. Azurea)」、中15、中27は「アフターグローcv. Afterglow)」、中16は「グリーンスモーク(cv. Green Smoke)」、中17は「エルドラドcv. Eldorado)」、中18は「イザベルプリング(cv. Isabella Pring)」、中19は「ミセスGHプリングcv. Mrs.George H. Pring)、中2021は「ミセスエドワーズホイテッカー(cv. Mrs. EdwardsWhitaker)」、中22は「エミリーハッチングス(cv. Emily Huchings)」、中23、中28は「ピンクプラッター(cv. Pink Platter)」、そして中24、中29が「マーチンEランディグ(cv. Martin E. Randig)」。
スイレン科スイレン属多年草で、学名Nymphaea sp.(属の総称)。英名は Water lily, Tropical water lily

すいれん (睡蓮)

Nymphaea cv. Colorado

Nymphaea cv. Inner Light

Nymphaea cv. Fabiola

Nymphaea cv. Mayla

Nymphaea cv. Denver

Nymphaea cv. Newton

Nymphaea cv. Attraction

Nymphaea cv. Andreana

Nymphaea cv. Pink Pearl

Nymphaea cv. Mrs. Richmond

Nymphaea cv. チーフロットシェール

Nymphaea cv. Marliacea Kawase

Nymphaea cv. Snow Ball

Nymphaea cv. Gemi Bright

Nymphaea cv. Alba Plenissima

Nymphaea cv.

Nymphaea cv.

Nymphaea cv.

●「温帯スイレン耐寒性スイレン)」は、19世紀ごろからフランスでヨーロッパ原産アルバ種(N. alba)を中心に品種改良始まりました現在ではたくさんの園芸品種作出されています。さらに大型系と小型系(ヒメスイレン)に区別されます。花期長く5月から10月ごろまで咲き続けますニンフNymph)とは若い女性の姿をした川や泉の精霊のこと。写真品種は、上がコロラドcv. Colorado)」中1が「インナーライト(cv. Inner Light)」中2が「ファビオラcv. Fabiola)」中3が「メイルcv. Mayle)」中4が「デンバーcv. Denver)」中5が「ニュートンcv. Newton)」中6が「アトラクションcv. Attraction)」中7が「アンドレアナ(cv. Andreana)」中8が「ピンクパールcv. Pink Pearl)」中9が「ミセスリッチモンド(cv. Mrs. Richmond)」中10が「チーフロットシェール」中11が「マルリアケア・カワセ(cv. Marliacea Kawase)」中12が「スノーボールcv. Snow Ball)」中13が「ジェミブライト(cv. Gemi Bright)」そして中14が「アルバプレニッシマ(cv. Alba Plenissima)」。
スイレン科スイレン属多年草で、学名Nymphaea cv.品種群総称)。英名は Water lily, Water nymph

Water Lily

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/09 04:53 UTC 版)

Water Lily」(ウォーター・リリー)は、LAMP IN TERRENの3枚目の会場限定シングル。2018年8月19日A-Sketchから発売された[1]


  1. ^ LAMP IN TERREN復活の野音で2曲入り新作リリース”. ナタリー (2018年8月2日). 2018年8月2日閲覧。


「Water Lily」の続きの解説一覧

「Water lily」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Water lily」の関連用語

Water lilyのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Water lilyのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2023 shu(^^). All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWater Lily (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS