TIMSとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > TIMSの意味・解説 

TIMS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 01:01 UTC 版)

TIMSTrain Information Management Systemの略、ティムスと読む)とは、列車情報管理システムのことで、東日本旅客鉄道(JR東日本)と三菱電機が共同で開発している制御伝送装置の一つ。車両の力行ブレーキ出区点検、車内空調管理、行先表示機車内案内表示装置などの各種車載機器を一括して管理するコンピュータシステムである。


  1. ^ JR East technical review. 2013 (Spr.) (43) 菅谷 誠ほか「次世代車両制御システム(INTEROS)の開発(第二報)」
  2. ^ 日立評論 1979-07 p477-480 荒井 真一、豊田 瑛一、木脇 久勝「962形新幹線試作電車の制御機器」
  3. ^ a b c d e f g h サイバネティクスVol.12-No.1.2007 p.25-32 新井静男、白樫智也「列車情報管理装置(TIMS)の10年と今後の取り組み」
  4. ^ 電気学会産業応用部門大会講演論文集 1998 新井静男ほか「列車情報管理装置(TIMS)の開発 209-950代への適用」
  5. ^ 鉄道技術連合シンポジウム(J-Rail)講演論文集 2009(16) p101-104 長谷部 和則 , 宮内 隆史 , 菅谷 誠 , 角野 敏子「列車情報管理装置(TIMS)の開発 : JR東日本E259系TIMSにおける特急形車両としての機能設計」
  6. ^ 鉄道サイバネ・シンポジウム論文集44 長谷部 和則ほか「列車情報管理装置(TIMS)の開発」
  7. ^ 鉄道車両と技術 25(1) 大谷 学途ほか 「相模鉄道 12000系の概要」
  8. ^ 鉄道サイバネ・シンポジウム論文集37 角南健次ほか「Singapore LTA C751B向けTIMS」
  9. ^ IEEJ Journal, Vol.124, No.8, 2004 工藤 健一 「実用線として開業を迎える磁気浮上式鉄道「リニモ」(HSST)の概要」
  10. ^ JR East Technical review (51) p.21-26 水口芳樹、薗田秀樹「新幹線における運転エネルギーの測定と分析」
  11. ^ 鉄道サイバネ・シンポジウム論文集41 加藤肇ほか 「小田急3000形3次車向けTIOS 量産車両のTIOS化と導入効果」
  12. ^ 鉄道サイバネ・シンポジウム論文集42 片柳英雄, 畑彰賢, 加藤肇, 西岡和徳, 雨宮富史夫, 増崎修, 木島裕之, 伏見英里, 野田敦司「小田急電鉄 50000形 TIOS装置の開発と導入効果」
  13. ^ R&m Vol.16 No.4 p.11-16 加藤巧也, 木島裕之, 細野光司, 野中俊昭 「小田急電鉄新型ロマンスカーMSE60000形の開発とその概要(その2)」
  14. ^ 鉄道車両と技術 Vol.24 No.2 p.22-28 伊藤正博 「最近の列車制御システム 小田急電鉄 70000形 GSEの概要(2)」
  15. ^ 鉄道サイバネ・シンポジウム論文集 55 池嶋 知明 , 岡田 洋治 , 若松 茂則 , 岡原 裕喜 , 大川 晶 「5000系新造車向け 車両情報管理装置(K-TIMS)の紹介」
  16. ^ 鉄道サイバネ・シンポジウム論文集 45 小川克弘, 鳥居尚史, 三島和彦, 酒衛秀輔, 圖子洋隆, 白井進 「西武鉄道30000系向け列車情報管理装置(S‐TIM)の開発」
  17. ^ 鉄道サイバネ・シンポジウム論文集 56 「西武鉄道 新型特急車両向けトレインビジョンの紹介」
  18. ^ 鉄道サイバネ・シンポジウム論文集 44 竹山 雅之ほか 「北京地下鉄2号線向けTMSの開発」


「TIMS」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「TIMS」の関連用語

TIMSのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



TIMSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTIMS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS