PLIとは?

PLI

プラークインデックスの略。虫歯歯周病原因と言われるプラーク歯垢)の付着状態のこと。

PLI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/07 09:03 UTC 版)

PLI

関連項目


PL/I

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/21 00:14 UTC 版)

PL/I
パラダイム 構造化命令型
登場時期 1964
開発者 IBM (Hursley)
型付け 強い静的型付け
主な処理系 コンパイラ
方言 PL/M, XPL, PL/P, PL/C, IBM PL/S, PL/AS, PL/X, PL/8, Early PL/I
影響を受けた言語 COBOLFORTRANALGOL
影響を与えた言語 SP/k, B, REXX, AS/400 Control Language
プラットフォーム z/OS, z/VM, z/VSE, AIX, Windows ほか
ライセンス プロプライエタリ(IPLA)
ウェブサイト http://www-01.ibm.com/software/awdtools/pli/

PL/I(ピーエルワン)は、汎用プログラミング言語の一つ。名前は英語の「programming language one」に由来する。

PL/Iは科学技術用、工業用、商業用などにデザインされた命令型プログラミング言語である。1964年に生まれ、教育機関、商用、工業で使用されてきた。2015年現在も使われている。

PL/Iの主要な用途はデータ処理で、再帰および構造化プログラミングに対応する。言語の構文は英語に似ており、検証や操作が可能な幅広い機能のセットを持ち、複合的なデータ型を記述することに適している。

呼称

提案当時は「NPL」[1]と呼ばれていた。初期には「PL/1」と表記していたが、その後「PL/I」が正式名称となった(I はローマ数字)。同時期の「DL/I」(ディー・エル・ワン、IBMの階層型データベース照会言語)と同じネーミングと考えられる。

特徴

言語としての特徴

  • FORTRANの記述形式
  • COBOLのレコード構造や入出力機能
  • ALGOLのアルゴリズム記述能力

を同時に持っている。

予約語が無いのも特徴。

長所

  • 商用計算と科学技術計算を、1つの言語で記述できる
  • 最初から構造化されている
  • 積み木構造(初歩的機能から入門し、徐々に高度な機能を学習できる)
  • IBMメインフレーム(OS/390z/OSIMSCICSなど)で広く使われている

短所

  • 言語仕様が複雑で大規模なため、当時の小型機では性能的に厳しく、大型機以外に広まらなかった

歴史

1963年 IBMとそのユーザー団体(SHARE)が提案

1965年 IBMが完成させた

1979年 ISOで標準化

2009年現在でも、IBMメインフレーム上の業務処理では広く使われているが、今後の新規開発はJavaなどに移行していくと思われる。なお、国産メーカー系汎用機ではCOBOLが使われているケースが多い。

科学技術計算向けのFORTRAN、ビジネス処理向けのCOBOLと言われていた時代に、ALGOL並のアルゴリズム記述能力も加え、ひとつの言語であらゆるニーズを満たすために開発されたプログラミング言語。主としてIBMの大型機で利用された。

言語仕様が複雑なため、大型計算機以外では余り使われなかったが、デジタルリサーチ社のゲイリー・キルドールが、インテルのi8080のために、サブセット版のPL/M[2]および、一部をPL/Mで記述し、オペレーティングシステムCP/Mを作った。また、CP/M上で動作するPL/I(PL/I-80)も作成している。

UNIX開発のきっかけとなったMulticsは、PL/Iで書かれていた。Multicsの失敗はPL/Iが原因ではなかったものの、記述言語においても簡潔極まるC言語を生んだ事は皮肉である。

エピソード

IBMのPL/Iコンパイラでは、メッセージIDが「IBM」で始まる。IBMが当時PL/Iに力を入れていたためと言われている。

コードの実例

HELLO:PROC OPTIONS(MAIN);
 DCL HELLO1        CHAR(12)  INIT('HELLO WORLD!');
 DCL 1 HELLO2,
      2 *                 CHAR(12)  INIT('HELLO WORLD!');
 DISPLAY('HELLO WORLD!');
 DISPLAY(HELLO1);
 DISPLAY(HELLO2);
END HELLO;

脚注

  1. ^ 英語「new programming language」に由来する名前。
  2. ^ 英語「programming language for microcomputers」に由来する名前。

外部リンク






PLIと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

PLIに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「PLI」の関連用語

PLIのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Aperture

BlackBerry PlayBook

AQUOS PHONE f SH-13C

インテリマウスオプティカル

Windows 7

honor 9

デシマルタブ

Microsoft Arc Mouse





PLIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2018 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPLI (改訂履歴)、PL/I (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS