P2P金融とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > P2P金融の意味・解説 

ソーシャルレンディング

別名:P2P金融,P2P融資ソーシャル融資ソーシャルファイナンス
【英】Social Lending, Social finance

ソーシャルレンディングとは、Web上で金銭借り手貸し手を結びつけ、個人間での融資実現する仲介サービスのことである。

ソーシャルレンディングは、多く場合インターネットオークションのような入札形式借り手貸し手とのマッチング行いSNSソーシャルネットワーキングサービス)によって融資が必要な背景や、個人信用度などに関する情報交換行い個人間融資実現する。

ソーシャルレンディングは個人間取引であり、融資額は小口になるという性質を持つが、融資条件融通利きやすく、貸し借り相手互いに選択できる、などといった特徴がある。融資額や返済期間、利率などの条件は、あらかじめ提示した上で、その条件承諾した融資希望者を募ることができる。

ソーシャルレンディングは欧米2005年頃に登場した。「Zopa」、「prosper」などのサービスがあり、成長続けている。日本では、2008年に「maneo」が国内初のソーシャルレンディングサービスとしてオープンした。2009年3月現在、Zopa日本進出準備を進めていることがアナウンスされている。


参照リンク
ソーシャルレンディング maneo
Zopa Japan
Webサービスのほかの用語一覧
各種Webサービス:  PlayMemories Online  リアルネーム  StumbleUpon  ソーシャルレンディング  ストレージサービス  2ちゃんねる  Twitch


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「P2P金融」の関連用語

P2P金融のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



P2P金融のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリソーシャルレンディングの記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS