Harry S Trumanとは?

Harry S Truman

Harry S. Truman
(33) Harry S Truman
(ハリー・S・トルーマン)
民主党 (1945-53)

( )内の年は在任期間

ハリー・S・トルーマン

(Harry S Truman から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/14 03:28 UTC 版)

ハリー・S・トルーマン(英語:Harry S. Truman1884年5月8日 - 1972年12月26日)は、アメリカ合衆国政治家。同国第33代大統領(在任: 1945年4月12日 - 1953年1月20日)。ミズーリ州選出連邦上院議員フランクリン・ルーズベルト政権で第34代副大統領を歴任した。




  1. ^ McCullough, David. [1992] Truman. New York: Simon & Schuster.
  2. ^ President Truman (1947). “President Truman's Address to the NAACP, June 28, 1947” 
  3. ^ Truman addresses NAACP, June 29, 1947”. Politico (2018年6月29日). 2021年1月5日閲覧。
  4. ^ a b Dallek, Robert (2008). Harry S. Truman. New York: Times Books. ISBN 978-0-8050-6938-9. pp. 62–91.
  5. ^ a b McCoy, Donald R. (1984). The Presidency of Harry S. Truman. Lawrence, KS: University Press of Kansas. ISBN 978-0-7006-0252-0. pp. 197–199, 232.
  6. ^ 高橋浩祐 (2018年8月1日). “京都や横浜も原爆投下の有力候補地だった (3/4)”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2019年3月30日閲覧。
  7. ^ 投下命令については、陸軍戦略空軍司令官のカール・スパーツから陸軍長官のヘンリー・スティムソンと陸軍参謀総長のジョージ・マーシャルに承認の依頼が上がり、スティムソンとマーシャルはそれをトルーマンに見せたとされているが、記録は無いという。長谷川毅『暗闘(上)』中公文庫、2011年、pp.322-325
  8. ^ 2005年8月5日放送。ドキュメンタリー番組『ヒロシマ 〜あの時、原爆投下は止められた〜』より
  9. ^ 木村朗; ピーター・カズニック (2010). 広島・長崎への原爆投下再考―日米の視点. 法律文化社. p. 96. ISBN 978-4589033116 
  10. ^ この会談の際にトルーマンがスターリンに謝意に近い言葉を発したかどうかは米ソの記録で異なっており、ソ連側の記録にのみ「この件で満足の意をあらわし」たとある。これについて長谷川毅はソ連側が記録を改竄したと記している(『暗闘(上)』pp.285 -286)
  11. ^ “Military Assistance Agreement Between the United States and Yugoslavia, November 14, 1951”. Lillian Goldman Law Library. http://avalon.law.yale.edu/20th_century/yugo001.asp 2009年8月4日閲覧。 
  12. ^ John R. Lampe , Russell O. Prickett, Ljubisa S. Adamovic (1990). Yugoslav-American economic relations since World War II. Duke University Press Books. p. 47. ISBN 0-8223-1061-9 
  13. ^ 西川博史「アメリカの対日政策の転換と中国の動向 (長岡新吉教授 退官記念号 I)」『經濟學研究』第43巻第4号、北海道大学、1994年、 73-92頁、 NAID 110004464653
  14. ^ Harry S Truman, “Statement on Formosa,” January 5, 1950”. 南カリフォルニア大学. 2017年5月7日閲覧。
  15. ^ First and Second Taiwan Strait Crisis, Quemoy and Matsu Islands of Taiwan”. The Cold War Museum. 2016年9月2日閲覧。
  16. ^ オバマ氏が退任、年金生活へ その待遇内容は?”. CNN (2017年1月21日). 2018年2月25日閲覧。
  17. ^ フーヴァーはトルーマンの指示で戦後の日本などを視察した際にフランクリン・ルーズベルトを、「対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込む陰謀を図った「狂気の男」」と批判していた。
  18. ^ Eisenhower, Dwight D. [1963] The White House Years; Mandate For Change: 1953–1956. New York, NY: Doubleday & Company.
  19. ^ 【原爆から8年後、米政府に「広島原発」案 「罪悪感示す」アイゼンハワー大統領が反対 】(2011年8月6日 朝刊)
  20. ^ 日本は7月7日になって特使をソビエト連邦に派遣する方針が天皇の裁可を得て、12日に近衛文麿の派遣が決定してモスクワの日本大使館に伝えられた。モスクワではこれを受けた佐藤駐ソビエト連邦大使がヴャチェスラフ・モロトフ外務大臣に会おうとしたが、ポツダム宣言の準備を理由に会えず、代わってロゾフスキー外務人民副委員から「特使の派遣目的や具体的内容が無い」ことを理由に「如何なる回答も出せない」と伝えられていた。
  21. ^ Leahy, William D. [1950] I Was There. New York, McGraw-Hill
  22. ^ 金子敏夫 『神風特攻の記録』 光人社〈光人社NF文庫〉、2001年。p. 225
  23. ^ 『昭和二十年』鳥居民。
  24. ^ ウィアート他 (1982) pp.243–245, pp.275–277(資料107).
    A Petition to the President of the United States”. Leo Szilard Online. 2008年5月24日閲覧。
  25. ^ ストーンはベトナム戦争の従軍体験から映画「プラトーン」を製作した40歳頃までは歴史の「原爆正当論」にとらわれており、自分の娘の高校教科書の広島・長崎についての記述が原爆投下を正当化する酷いものとも述べた。
  26. ^ オリバー・ストーン (2013年8月7日). “『言』 原爆投下肯定論 歴史のうそ 見抜くべきだ”. ヒロシマ平和メディアセンター. 中国新聞社. 2016年6月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年5月13日閲覧。
  27. ^ 1995年に、スミソニアン博物館が企画した原爆投下機エノラ・ゲイと広島・長崎の被爆資料を並べて展示する原爆展は、退役軍人らの猛反対で中止になったが、20年後の2015年に原爆投下をめぐる言説に挑戦するような作品に好意的な反応が寄せられるのは、20年前に猛反対した世代の多くは亡くなり、原爆投下決定をめぐる議論は沈静化したためと同教授は述べている。
  28. ^ (インタビュー 核といのちを考える)米国で原爆神話に挑む ピーター・カズニックさん(2015年6月2日)
  29. ^ 「朝日新聞」2014年8月5日
  30. ^ 1983年8月6日(朝日新聞)
  31. ^ NNNドキュメント「隠された被爆米兵 ~ヒロシマの墓標は語る~」
  32. ^ 袖井林二郎 『私たちは敵だったのか;在米被爆者の黙示録』(増補新版) 岩波同時代ライブラリー1995年 ISBN 400260232X
  33. ^ Prompt and Utter Destruction: Truman and the Use of Atomic Bombs Against Japan. Chapel Hill and London: University of North Carolina Press, 1997.訳「原爆投下とトルーマン」彩流社
  34. ^ 中国新聞・ヒロシマ平和メディアセンター 「検証 ヒロシマ 1945-95 1救援・援助」
  35. ^ 原爆投下とキリスト教
  36. ^ 2016年8月6日に放送されたNHKスペシャル「決断なき原爆投下 ~米大統領 71年目の真実~」。
  37. ^ 米トルーマン大統領、長崎への原爆投下認めた直後、後悔の念=韓国ネット「反省する米国人は日本人とは違う」「韓国は原爆のおかげで解放された」
  38. ^ 長谷川毅『暗闘(下)』中公文庫、2011年、p71。この内容は商務長官のヘンリー・A・ウォレスによるという。
  39. ^ 金子敦郎著「世界を不幸にする原爆カード」
  40. ^ クリフトンは公職になく、この来日はあくまで私人としてのものである。ダニエルは広島と長崎を訪問したい気持ちがあったが「被爆者や遺族から非難される。私は行くべきでない」と考えていたという。
  41. ^ 『ちょっと笑える話』ベネット・サーフ著、常盤新平訳、文藝春秋文春文庫、p258。
  42. ^ http://www.lodgestpatrick.co.nz/famous2.php#M
  43. ^ The height differences between all the US presidents and first ladies ビジネス・インサイダー


「ハリー・S・トルーマン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Harry S Trumanのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Harry S Trumanのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
在日米国大使館在日米国大使館
この記事は「在日米国大使館」ホームページ内の、「歴代大統領のポートレート」の情報を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハリー・S・トルーマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS