GSFとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 米国企業情報 > GSFの意味・解説 

GlobalSantaFe Corp.(NYSE:GSF)

住所: 15375 Memorial DriveHouston, TX 77079United States
電話: 1- (281) 925-6000
FAX: 1- (281) 925-6010
ウェブサイト: http://www.gsfdrill.com
業種: エネルギー
業界: 石油採掘機材

» ダウ・ジョーンズ米国企業総合情報データベースはこちら

GSF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/19 09:32 UTC 版)

GSF


レクサス・GS F

(GSF から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/15 10:18 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
レクサス・GS F(海外仕様)

GS F(ジーエス・エフ)は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」から販売されている「GS」をベースとしたスポーツモデルで、レクサス・Fシリーズの一台である。

レクサス・GS F
URL10型
販売期間 2015年11月25日 -
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 2UR-GSE型:
4,968cc V型8気筒 直噴DOHC
駆動方式 FR
最高出力 351kW (477PS)/7,100rpm
最大トルク 530N・m (54.0kgf・m)
/4,800~5,600rpm
変速機 8速AT(8-Speed SPDS)
サスペンション 前: ダブルウィッシュボーン
後: マルチリンク
全長 4,915mm
全幅 1,855mm
全高 1,440mm
ホイールベース 2,850mm
車両重量 1,830 - 1,850kg
ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク・対向6ポッドキャリパー
後:ベンチレーテッドディスク・対向4ポッドキャリパー
-自動車のスペック表-

概要

「GS F」は、米国・デトロイトで 1月12日~25日に開催された「2015年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)」で初公開された[1]。日本では第44回東京モーターショー2015で初公開され、2015年11月25日に発売された。「日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめる」というフィロソフィーを持つ「F」の新型モデルの投入は、2014年に発売された「RC F」以来約1年ぶり。「F」のサフィックスを持ったセダンとしては2007年デビュー(2014年販売終了)の「IS F」以来で、実に8年ぶりとなる。

ボディは剛性を高めるため、レーザー溶接、スポット打点の増し打ちに加え、高剛性ガラス接着剤やレーザースクリューウェルディングなどレクサス最新のボディー技術を導入。サーキット走行にも対応する強固な骨格を実現した。足まわりは、ジオメトリーの最適化を狙いパーツを新設計。高いサスペンション剛性の確保とロール剛性の適正化を行い、ステアリング系と協調することで操舵(そうだ)レスポンスを向上させた。 フロントに対向6ピストン、リアに対向4ピストンのアルミ製モノブロックキャリパーを採用した4輪ベンチレーテッドディスクブレーキは、マスターシリンダーの大径化、ペダル比の最適化などにより、高い応答性とリニアな利きを追求。高摩擦パッドも採用することで、高い剛性と耐フェード性を確保している。足元はBBS製19インチ鍛造アルミホイールに、フロント255/35ZR19、リア275/35ZR19の「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」を履く[2]

エンジンは「RC F」にも採用されたV型8気筒5.0Lエンジン「2UR-GSE」型を搭載。「8-Speed SPDS(電子制御8速オートマチック)」を組み合わせ、後輪駆動をする。

エクステリアはフロントバンパー、フロントグリル、前後フェンダーとサイドシル、4連エキゾーストディフューザーを配置したリヤバンパー下部等が専用デザイン。ベースモデルに対し全長が35mm延長され4,915mmに、全幅は15mm拡大され1,855mmとなった。フロントの大型スピンドルグリルや、大型エアダクトにより、過酷なサーキット走行にも対応した冷却性能を確保するとともに、大きく張り出したフロントフェンダーフレアには、“F”アイデンティティでもあるL字型のサイドエアアウトレットを採用。グリルロアモールとリヤスポイラーにカーボンパーツを採用し、軽量化と高剛性化を両立している。また、“F”専用の漆黒メッキグリルモールに加え、センターピラー、アウターミラーには、ホイールの色味とコーディネートした艶金属調ダーク塗装を施している。

年表

2015年11月25日
GSのマイナーチェンジ実施と同時に発売[3]
ボディカラーは、「ホワイトノーヴァガラスフレーク〈083〉」、「マーキュリーグレーマイカ〈1H9〉」、「ソニックシルバー〈1J2〉」、「ソニックチタニウム〈1J7〉」、「グラファイトブラックガラスフレーク〈223〉」、「レッドマイカクリスタルシャイン〈3R1〉」、「ラヴァオレンジクリスタルシャイン〈4W7〉」、「ヒートブルーコントラストレイヤリング(メーカーオプション)〈8X1〉」の全8色を設定する。
2016年9月21日
一部改良[4]
”F”モデル用に開発したNAVI・AI-AVSを標準設定され、足回り、電動パワーステアリング(EPS)、VSCのチューニングが行われた。ドライブモードセレクトには、CUSTOMIZEモードが新たに設定され、パワートレーン、シャシー、エアコンの各制御の組み合わせをドライバーの好みで選択可能となった。また、FMチューナーをワイドFM対応に変更した。ボディカラーは、「マーキュリーグレーマイカ」に替わり「ダークグレーマイカ」を設定した。
2017年8月31日
一部改良[5]
レーダークルーズコントロールへの全車速追従機能を追加し、レーンキーピングアシスト(LKA)を採用する等、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」の機能を拡充した。内装色には「ブラック&アクセントフレアレッド」を追加設定し、5色展開とした。また、ボディカラーは「ラヴァオレンジクリスタルシャイン〈4W7〉」が廃止され、全7色に変更となった。
2018年2月1日
特別仕様車「F 10th Anniversary」を限定発売[6]
“F”誕生10周年を記念した特別仕様車「F 10th Anniversary」を設定し、2月1日から先着順で予約受付を実施することを発表。5月に台数限定(25台)で発売された。エクステリアは、新規開発されたボディカラー「マット マーキュリーグレーマイカ〈1K7〉」を採用したほか、「CFRP」製のリヤディフューザーや、専用チタンマフラー/ブルーサテンマフラーバッフルを採用し軽量化を実現。パフォーマンスダンパーの採用とともに、走行性能を一層向上させている。また、鍛造アルミホイールには、BBS製の「専用ブラック塗装・10本メッシュスポーク」を採用したほか、専用ブルーブレーキキャリパーを特別装備とした。インテリアでは、“F”のシンボルカラーであるヒートブルーをモチーフとした「ブルー」の専用内装色を採用。トータルコーディネートされた、セミアニリン本革ブルー&アクセントホワイトハイバックスポーツシート(前席)/専用セミアニリン本革ブルーシート(後席)、ブルー&アクセントホワイトステアリング/シフトノブ、ブルーカーボンオーナメントパネル、専用アニバーサリープレートを特別装備している。
2018年5月10日
一部改良[7]
新たにブラインドスポットモニター(BSM)が標準設定された。ボディカラーには「ネープルスイエローコントラストレイヤリング(メーカーオプション)〈5C1〉」が追加され、全8色となった。

脚注

[ヘルプ]

関連項目

外部リンク





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「GSF」の関連用語

GSFのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

釣り

スネル規格

改装

町村役場

メイト

ラッシュ

コンパクトビーム球

諏訪之瀬島





GSFのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2018 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのGSF (改訂履歴)、レクサス・GS F (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS