750形とは?

Weblio 辞書 > 電車 > 電車図鑑(ことでん) > 750形の意味・解説 

750形(760)

750形ー760
750形
昭和26年製造
譲り受け先:玉野市営電気鉄道



備南電気鉄道(のちの玉野市営電気鉄道)のモハ100形種車に、昭和40年ことでん入りした車両です。
モハ100形昭和26年製造されたが、昭和39年玉野市営電赤字対策により同線は軌道車化されたために余剰となりました。その後昭和47年に同線は廃止となった。
ことでん入り当初琴平線で運転され昭和43年貫通扉取り付けたのち、昭和49年から51年にかけて長尾線志度線転属しました。750760770の3両が導入されたが、昭和53年770号が長尾線内でダンプカーとの衝突により大破し、現場解体廃車となり、750号も平成11年600形導入に伴い廃車となり、760号は現役を終え平成18年9月41年ぶり玉野市里帰りし「すこやかセンター」で保存されています。

(750形760号車は平成18年9月6日引退



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「750形」の関連用語

750形のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



750形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ことでんことでん
Copyright(C)2021 BY THE TAKAMATSU-KOTOHIRA ELECTRIC RAILROAD Co.,Ltd.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS