鯛屋貞柳とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 狂歌師 > 鯛屋貞柳の意味・解説 

たいや‐ていりゅう〔たひやテイリウ〕【鯛屋貞柳】

[1654〜1734]江戸中期狂歌師大坂の人。屋という屋号菓子商の出身本名永田良因、のち言因。通称、善八。別号油煙斎など。紀海音の兄。上方狂歌壇の第一人者。著「置みやげ」など。


たいや‐ていりゅう たひやテイリウ 【鯛屋貞柳】

江戸中期狂歌師本名永田善八。別号油煙斎、鳩杖子、珍菓亭など。屋は家業であった菓子商の屋号元祿享保期(一六八八‐一七三六)の上狂歌壇の第一人者。その歌風は、天明調のような軽妙洒脱さには欠けるが、享保期の狂歌主流として一時天下風靡した。著「家土産」など。承応三〜享保一九年(一六五四‐一七三四)


鯛屋貞柳

読み方たいや ていりゅう

江戸中期狂歌師。姓は榎並通称永田善八、別号に信乗・油煙斎・精雲洞等がある。豊蔵坊信海学び斯道中興の師と仰がれる。享保19年(1734)歿、81才。

鯛屋貞柳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/27 16:32 UTC 版)

鯛屋貞柳(たいや ていりゅう、1654年承応3年) - 1734年9月12日享保19年8月15日))は江戸時代中期の狂歌師。姓は榎並、初号は良因。別号に言因・信乗・油煙斎・由縁斎・精雲洞・鳩杖子・助榮亭・長生亭・珍菓亭・圓菓亭がある。剃髪して貞柳と改めたという[1]。浄瑠璃作者の紀海音は弟[2]


  1. ^ a b 永井如雲『國文学名家肖像集』博美社、1939年、"小伝"13p。
  2. ^ a b c d e f g h 岡本勝雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、271頁。 


「鯛屋貞柳」の続きの解説一覧



鯛屋貞柳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鯛屋貞柳」の関連用語

鯛屋貞柳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鯛屋貞柳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2022 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鯛屋貞柳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS