質取行為とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 質取行為の意味・解説 

質取行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/26 03:15 UTC 版)

質取行為(しちとりこうい)とは、中世日本において、別の地域に住む債務者から弁済を受けられなかった債権者が、債務者と同一の地域に住む第三者(債務者との面識の有無は問わず)の身柄あるいは財物を債務の賠償として私的に差し押さえる行為。また訴訟の当事者が係争相手と同一の地域に住む第三者に対して行われる場合もある。




「質取行為」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「質取行為」の関連用語

1
100% |||||

2
30% |||||

3
8% |||||

質取行為のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



質取行為のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの質取行為 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS