警視庁と警察庁の違いとはとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 警視庁と警察庁の違いとはの意味・解説 

警視庁と警察庁の違いとは

警視庁」は東京都管轄区域とする(都警察管轄する)警察行政機関であり、「警察庁」は都道府県警察統括指揮監督管理する警察行政機関である。わかりやすく言うと、国の省庁である「警察庁」を頂点とし、その統括下に、都警察本部である警視庁ならびに道府県警察本部である道府県警察本部が置かれている、という構図である。

現在は同じ「警察法」を根拠として設置されているが、発足当初歴史異なる。警視庁警察庁では、警視庁の方が歴史が古い(厳密にいえば警視庁前身である通称東京警視庁」が、ということであるが)。

警視庁明治初期発足し、国(内務省直属組織として東京府管轄した。昭和入り太平洋戦争敗戦を喫して間もない1948年東京警視庁廃止同年警察法通称旧警察法」)に基づいて警視庁」が編成された。1954年警察法改正され(通称「新警察法」)、これを根拠として「警察庁」と各道府県警察発足このとき警視庁現行の組織再編されて今に至る。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

警視庁と警察庁の違いとはのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



警視庁と警察庁の違いとはのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS