英霊にこたえる会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 英霊にこたえる会の意味・解説 

英霊にこたえる会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/02 12:05 UTC 版)

英霊にこたえる会(えいれいにこたえるかい)は、1976年(昭和51年)に設立された日本任意団体。会長は寺島泰三


  1. ^ a b c 組織、地方支部連絡先 英霊にこたえる会の概要”. 英霊にこたえる会. 2015年11月13日閲覧。
  2. ^ 靖国神社自身は「反戦」・「平和」を祈るための場所と称している(靖國神社のホームページ参照)。
  3. ^ 活動趣旨 英霊にこたえる会とは”. 英霊にこたえる会. 2013年3月4日閲覧。
  4. ^ “「英霊にこたえる会」戦没者の霊を大切にと結成”. 朝日新聞日・東京朝刊: p. 20. (1976年6月22日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ 藤沢秀雄「日本宗教放送協会が実施した世論調査 「靖国神社問題と世論の動向 」について (PDF) 」 『長崎大学教養部紀要. 人文科学』第17号、1977年、 51-58頁、2013年3月4日閲覧。
  6. ^ “戦後の靖国問題の歩み(年表)”. 朝日新聞・朝刊: p. 3. (1985年8月15日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  7. ^ “小泉首相参拝問題で賛否両派が15日集会 靖国神社周辺など”. 朝日新聞・夕刊: p. 14. (2001年8月13日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  8. ^ “首相に8・15参拝要求 西村氏「不戦の誓い駄目」”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年7月7日). http://www.47news.jp/CN/200507/CN2005070701003152.html 2013年9月18日閲覧。 
  9. ^ 中核団体のひとつとされる。「強大な政治勢力の衰弱 日本遺族会の黄昏 50年後の現実」『アエラ』、朝日新聞社、1995年10月30日、 6頁。 - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧


「英霊にこたえる会」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「英霊にこたえる会」の関連用語

英霊にこたえる会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



英霊にこたえる会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの英霊にこたえる会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS