芝山象嵌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 象嵌 > 芝山象嵌の意味・解説 

芝山象嵌(しばやまぞうがん)

刀装小道具には、金や銀等の色金以外にも青貝珊瑚翡翠などの天然玉石が用いられることがあり、描かれた図柄主題強調背景装飾として華やかさを増大させている。芝山称する印籠師の考案による独特の素材象嵌する表現技法もこの一種で、青貝虹色珊瑚紅色鼈甲深味ある色などは単調になり易い図柄変化与えており、小道具単体より、短刀拵等拵総体装飾に用いられることが多い。この技術下総国芝山(現千葉県山武郡芝山町)の大野木十八世紀後半)の考案よるもので、専は後に江戸移住して芝山と称し、芝山細工表現技術広めた。



芝山象嵌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「芝山象嵌」の関連用語

芝山象嵌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



芝山象嵌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2020 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2020 Weblio RSS