耐え難きを耐え、忍び難きを忍びとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 耐え難きを耐え、忍び難きを忍びの意味・解説 

耐え難きを耐え、忍び難きを忍び

読み方:たえがたきをたえしのびがたきをしのび
別表記:堪え難きを耐え忍び難きを忍び堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ

昭和天皇による終戦の詔勅玉音放送中の一節現代言葉にすれば耐え忍ぶことが困難な(到底耐えられないような)ことでも耐え抜いて」といった意味である。なお原文では「耐」ではなく「堪」の字用いられている。

玉音放送1945年8月15日正午ラジオ放送を通じて国民伝えられた。スピーカーから発せられる「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、」という玉音伏して傾聴している国民の姿が、映像として今も残っている。この映像テレビを通じて広く知られたこともあり今日では「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の一文がほとんど終戦象徴的な文言として扱われている。

「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の文言は、次のくだりに含まれる。(文字使い読みやすさ重視して適宜変更した

思うに今後帝国受くべき受難はもとより尋常にあらず、汝臣民衷情も朕よくこれを知る、然れども朕は時運赴くところ、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、もって万世のために太平開かん欲す

関連サイト
終戦の詔書 - 国立国会図書館

堪え難きを堪え忍び難きを忍び

読み方:たえがたきをたえしのびがたきをしのび
別表記:耐え難きを耐え、忍び難きを忍び

1945年8月15日いわゆる玉音放送において読み上げられた「終戦の詔書」における一節玉音放送の中でも特に知られているくだりと言える

堪える」の字は「耐える」が用いられて「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」と表記されることも多いが、原文用字は「堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ」である。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

耐え難きを耐え、忍び難きを忍びのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



耐え難きを耐え、忍び難きを忍びのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS