待機児童ゼロ作戦とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 待機児童ゼロ作戦の意味・解説 

待機児童ゼロ作戦

読み方:たいきじどうゼロさくせん

待機児童解消目指し施策2001年制定された。

待機児童ゼロ作戦では、待機児童解消するために、待機児童の多い都市中心に受け入れ児童数の増大を図ることを目標としている。その際には、民間連携して施設運用するなどして、低コストでの実現を図るとしている。

関連サイト
仕事と子育ての両立支援策の方針について

待機児童ゼロ作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/29 04:27 UTC 版)

待機児童ゼロ作戦(たいきじどうぜろさくせん)とは、2001年小泉内閣により掲げられ、保育所保育ママ幼稚園の預かり保育などを活用して、受け入れ児童数を15万人増やすことで待機児童の解消を目指すとしたもの。また2008年には福田内閣により新しい「新・待機児ゼロ作戦」が発表され、今後10年間で保育所などの受け入れ児童数を、100万人増やすなどの目標を設定した。 働きながら子育てをしたい親の希望をかなえるため、保育サービスを「質、量ともに強化する」とした。[1]


  1. ^ [1] asahi.com
  2. ^ [2] 「新待機児童ゼロ作戦」について - 厚生労働省


「待機児童ゼロ作戦」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「待機児童ゼロ作戦」の関連用語

待機児童ゼロ作戦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



待機児童ゼロ作戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの待機児童ゼロ作戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS