山本梅崖とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > 山本梅崖の意味・解説 

山本梅崖

読み方やまもと ばいがい

漢学者自由民権運動家。土佐生。名は憲、字は永弼、通称は繁太郎。号に崖・清処主人儒者山本澹泊齋の孫。はじめ家学徂徠学を修め、のち大橋真三や松岡毅軒らに儒学を学ぶ。維新後洋学も修め、自由民権を説いて新聞記者として「大阪新報」・「岡山稚児新聞」等で活躍明治18年大阪事件檄文書き投獄されるが22年憲法発布と共に大赦される。15年大阪にひらいた清処塾にて、出獄後も漢学教授専心した。著書に『清処文鈔』等。昭和3年(1928)歿、77才。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山本梅崖」の関連用語

山本梅崖のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山本梅崖のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS