塩ビモノマーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > モノマー > 塩ビモノマーの意味・解説 

塩ビモノマー

読み方:えんビモノマー
別名:塩化ビニルモノマー塩化ビニールモノマー

塩化ビニル単量体モノマー)。ポリ塩化ビニル原料として用いられる。ポリ塩化ビニル塩ビ樹脂とも呼ばれ、塩化ビニールシートなどに用いられている。

塩ビモノマーは「クロロエチレン」の別名であり、単に「塩化ビニル」とも呼ばれるが、一般的に塩ビとして知られているポリ塩化ビニル区別するなどの目的のために「塩ビモノマー」と呼ばれることが多い。

塩ビモノマー自体有害物質であり、可燃性であり燃やすと塩化水素ガス発する吸引すると喉の粘膜などを刺激して炎症起こすまた、発癌性指摘されている。有害性が指摘されるまでは、スプレー噴霧助剤などとして日本でも使用されていた。現在ではもっぱら塩ビ素材として製造されている。

クロロエチレン

(塩ビモノマー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/06 08:30 UTC 版)

クロロエチレン(chloroethylene)は、塩素ビニル基からなる有機化合物である。化学式はCH2=CHClである。塩化ビニル(vinyl chloride)とも呼ばれる。IUPAC名はクロロエテン(chloroethene)である。




「クロロエチレン」の続きの解説一覧



塩ビモノマーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「塩ビモノマー」の関連用語

塩ビモノマーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



塩ビモノマーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロロエチレン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS