培土機とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 培土 > 培土機の意味・解説 

培土機 (ばいどき)

培土機 水稲における培土技術は、除草中耕作業一貫としてその効果はかなり古くから知られていた。昭和20年以降安定増収技術なかんずく無効分げつ抑制方法の有力手段一つとして昭和2530年一部地方大きな期待がもたれた。水田培土は、畑のそれと異り少なからぬ動力を必要とする。従って、培土技術実用化優れた作業開発が鍵であることから、栽培技術研究併用して培土機の研究鋭意行われ、その成果あがった。しかし、除草剤中心とする新し管理技術台頭に始まる稲作技術流れは、微妙な感覚経験を必要とする当時培土技術は顧りみられなくなり、今日では培土機も歴史的存在になってしまった。培土板だけで、培土ようとする単純な構造のものである培土板の幅34cm、長さ60cm、柄の長さ鉄製柄を含む)130cm重さ4.8kgである。昭和28年使用された。



培土機と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

培土機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



培土機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2019 Weblio RSS