北畠昌教とは?

北畠昌教(きたばたけ まさのり) 1577~????

千代松丸 折戸
◇父:北畠具房 子:折戸昌清、昌近
 伊勢国司北畠氏一族だが、尾張織田氏一族多くを滅ぼされると、追手逃れて京・本願寺至り、ここに隠れ住む。一方北畠氏井上専正が主家没落後、顕如上人弟子として僧になり、出羽鹿角花輪専正寺を建てたことから、ここに招かれ、人里離れた大湯折戸で、折戸氏を名乗り住した。その後津軽氏客将として1600年には関ヶ原の合戦にも参陣している。死に際し「子孫代々折戸氏を名乗ること」「他家家来になってはいけない」という2つの事を言い残したという。

北畠昌教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/18 13:30 UTC 版)

北畠 昌教(きたばたけ まさのり、天正5年(1577年)? - 元和2年2月17日1616年4月3日)?)は安土桃山時代から江戸時代初期の頃に活動したと目される人物。北畠家の一族というが、その実像や出自はよく分かっていない。


  1. ^ 十和田八幡平観光物産協会 折戸の北畠伝説


「北畠昌教」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北畠昌教」の関連用語

北畠昌教のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



北畠昌教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
戦国武将覚書戦国武将覚書
Copyright (C) 2020 戦国武将覚書 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北畠昌教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS