伝法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 伝法 > 伝法の意味・解説 

でん ぼう -ぼふ [3][1]伝法

でんぽうとも
仏教で師から弟子へと仏の教え伝えること。
江戸時代浅草伝法院の奴(やつこ)が寺の威光を頼んで乱暴な振る舞いをしたことから 見世物劇場などに無銭押し入ること。 読売大道売の-をして/滑稽本浮世床 2
名 ・形動 [文] ナリ
悪ずれして荒っぽい言動をする・こと(さま)。そのような人をもいう。 -な男
勇み肌であること。いなせなこと。また、そのさま。そのような人をもいう。多く女がいきがって、男のような言動をすることをいう。 -な口をきく


伝法

読み方:デンポウ(denpou)

侠気のある人、男気のある人、任侠義侠仁義の人。

別名 侠客(きょうかく)


伝法

読み方:でんぽう

  1. (一)わるずれをなして粗暴を働く者を云ふ。(二)芝居又たは見世物を、料金を払はずして無理に入りて見ること。昔時江戸浅草伝法院奴僕等が、寺の威光を藉りて乱暴を働き境内見世物小屋無銭にて押し入り見物せるにはじまる。
  2. 芝居見世物等に無料押入る者をいう。江戸時代浅草伝法院寺男達が寺の威を笠に着て境内見世物等を無代見物したことから出た語。⑵転じて女のいさみ肌(女侠客)のことにも用う。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

伝法

読み方:デンボウ(denbou)

所在 静岡県富士市


伝法

読み方:デンポウ(denpou)

所在 大阪府大阪市此花区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

伝法

読み方:デンポウ(denpou)

所在 大阪府(阪神電気鉄道西大阪線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

伝法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/25 15:05 UTC 版)

伝法傳法、でんぽう、でんぼう)




「伝法」の続きの解説一覧



伝法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伝法」の関連用語

伝法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



伝法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伝法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS