二本棒とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 二本棒の意味・解説 

にほん‐ぼう【二本棒】

読み方:にほんぼう

子供左右鼻の穴からたらしている鼻汁

間の抜けた人、また、甘い男をあざけっていう語。

「己はお前の考えてるような—じゃないよ」〈漱石明暗

編み物用いる、二本一組になった編み棒二本針。

二本差し武士ののしっていう語。

いめえましい—めが」〈滑・続膝栗毛・六〉


二本棒

読み方:にほんぼう

  1. 痴人をいふ、洟(ハナタラシといふが如し。又武士の両刀を帯せるを嘲りてもいふ。
  2. (一)女にあまき男を嘲りて云ふ語。(二)小児の洟をたらしゐるを嘲りて云ふ語。(三)まのぬけたる人を罵りて云ふ語。
  3. 1 はな垂しの小供などを嘲る詞。2 間抜け嘲る詞。3 妻にあまい人を笑う詞。
  4. 〔隠〕①のろま。②女房に甘い亭主のこと。又は女に甘い男の事。異性さへ見れば鼻の下長くするの意に由来す。
  5. 女にあまい男。好色漢或は巡査看守。又は馬鹿の意。
  6. 女に甘い男のこと、二本の指で女の局部に触るの意。⑵鼻垂し小僧のこと、鼻の下に二本棒を垂らしている意。⑶転じて間ぬけ者のこと。
  7. 女にあまい男。好色漢をいう。或いは馬鹿のこと。

分類 東京


二本棒

読み方:にほんぼう

  1. 女房にあまい亭主のこと。又は女にあまい男のことをいふ。女さへ見れば鼻の下長くして助平面をするから。〔情事語〕
  2. 女房にあまい亭主のこと。又は女にあまい男のことをいふ。女さへ見れば鼻の下長くして助平面をするから。
  3. 女房に甘い亭主のこと。又女にのろい男のことをもいふ。
  4. 女房女に甘い男。鼻の下二本鼻汁の道)が長い。〔俗〕

分類 俗語、俗/一般情事


二本棒

読み方:にほんぼう

  1. 白痴の者をいふ。両方鼻の穴から洟をたらして馬鹿面をして居るから。
  2. のろまなことにいふ。〔隠語
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「二本棒」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



二本棒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二本棒」の関連用語

1
30% |||||

二本棒のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二本棒のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS