ラドン測度とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ラドン測度の意味・解説 

ラドン測度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/02/19 16:07 UTC 版)

数学(特に測度論)におけるラドン測度(ラドンそくど、: Radon measure)は、ヨハン・ラドン英語版に因んで名づけられた、ハウスドルフ空間 X 上のボレル集合の成す完全加法族上の測度局所有限かつ内部正則であるものをいう。




「ラドン測度」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラドン測度」の関連用語

ラドン測度のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラドン測度のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラドン測度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS