モハ3400形とは?

モハ3400形(3401)

モハ3400形

十鉄自社発注車として昭和30年帝国車輌製造されました。前面や窓配置などは日車標準車体と非常に酷似していますが、東北地方初の全金属車で、その塗装あいまって登場時には東北一のデラックス電車と呼ばれ人気を博しました。
昭和40年代現在の十鉄カラーとなったほかは、現在までほぼオリジナルを保っており、近年では珍しくなったバス窓均整の取れたスタイルで、鉄道ファンから人気を博しています。
平成14年4月旧型車両先陣切って営業運転から退きましたが、現在動態保存車として車籍を有したまま残されています。

長さ18800mm
高さ4200mm
2740mm
自重35.0t
定員140人(座席60人)
主電動機TDK-5 28-9M 110kw×4
駆動方式釣り掛け式
制御装置FS537A 自動総括制御
台車形式TB50
製造所帝国車輌
製造年月昭和30年4月
使用開始年月昭和30年7月



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モハ3400形」の関連用語

モハ3400形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



モハ3400形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
十和田観光電鉄十和田観光電鉄
Copyright (C) 2019 十和田観光電鉄 All rights reserved.

©2019 Weblio RSS