ミクロゲオファーガス・アルテスピノーサとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > 熱帯魚 > ミクロゲオファーガス・アルテスピノーサの意味・解説 

ミクロゲオファーガス・アルテスピノーサ

通称:ミクロゲオファーガス・アルテスピノーサ
分布:グァポレ川、マモレ川
サイズ:約9~10cm
水温2226度(2232度)
pH:7.0(4.0~8.0)
水温pH最適な値と共に()中にある値は飼育可能な適応範囲を表しています。
熱帯魚生き物ですので数値はあくまで参考程度としてお考えください
アルテスピノーサはラミレジィと同様のミクロゲオファーガス属に分類されている種類です。 ラミレジィよりも大きくなり体高もある為、水槽内で存在感発揮します。 昔はアピストグラマ次にパピリオクロミスに変更され、現在はミクロゲオファーガスと幾度も 属名変更されているため、学名がインボイスネームになっている本種は販売されている 属名違いがある場合あります

繁殖比較的容易なで、産卵アピストグラマ仲間がケーブスポウナーに対し、本種は オープンスポウナーと呼ばれる石の上幅の広い水草の上産卵します。 雌雄判別成熟すると、背ビレと臀ビレ長さ体色違いなどで判別可能です。 しかしながら、ラミレジィほど容易に雌雄判別出来るものではなく、飼育・繁殖ある程度知識経験がないと判別はやや難しと言えるでしょう

飼育について
アピストグラマほどではありませんが、亜硝酸などの増加により体調崩したり、病気になる場合もある為、 ろ過の効いた水槽定期的換えを行えれば容易に飼育できます。  やや大きくなる種類ですが、温和な性格で口に入らないようであれば原則として混泳可能です。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ミクロゲオファーガス・アルテスピノーサのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミクロゲオファーガス・アルテスピノーサのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オオツカ熱帯魚オオツカ熱帯魚
Copyright:(C) 2019 otsuka-nettaigyo, All Rights Reserved.
オオツカ熱帯魚熱帯魚写真館

©2019 Weblio RSS