ミクロラスボラ・ハナビとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 熱帯魚図鑑 > ミクロラスボラ・ハナビの意味・解説 

ミクロラスボラ・ハナビ

ミクロラスボラ・ハナビ
水温2224度(2232度)
pH:5.8~7.8(4.0~8.0)
水温pH最適な値と共に()中にある値は飼育可能な適応範囲を表しています。
熱帯魚生き物ですので数値はあくまで参考程度としてお考えください
ミクロラスボラ・ハナビは2006年8月ごろに発見され、2007年学名決定した新しコイ科熱帯魚です。  日本輸入された当初高価でしたが、乱獲により現地個体激減し、現在はブリード個体主流になっているとされています。  貴重なではありますが、幸いな事に繁殖比較的容易に行えるため、養殖が進むことを期待されるです。 繁殖についてはわずか2cmほどの小さな魚ですが、卵は比較大きく産卵は主に朝方行われ一度大量産卵するのでは無く少量の卵を継続的に生み続けます。 
飼育について
成長してもわずか2cmほどの小型の為、あまり大きなとの混泳には向きません。  本種自体温和な性格のため、同じサイズであれば混泳は可能になります。  輸入されてくる際に痩せている事も多く、口が小さ為にブラインシュリンプミジンコなど、細かく 栄養価の高い餌を中心に与えるのがお勧めです。 


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ミクロラスボラ・ハナビ」の関連用語

ミクロラスボラ・ハナビのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミクロラスボラ・ハナビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オオツカ熱帯魚オオツカ熱帯魚
Copyright:(C) 2018 otsuka-nettaigyo, All Rights Reserved.
オオツカ熱帯魚熱帯魚写真館

©2018 Weblio RSS