マスダクロホシタマムシとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 森林生物図鑑 > マスダクロホシタマムシの意味・解説 

マスダクロホシタマムシ

和名:マスダクロホシタマムシ
学名Ovalisia vivata Lewis
    コウチュウ目タマムシ科
分布本州四国九州屋久島
 
写真(上):マスダクロホシタマムシ成虫
写真(下):樹皮下のマスダクロホシタマムシ幼虫
説明
成虫体長7〜13mm,鞘翅金色赤橙色緑色金属光沢があり美麗。年1回発生。材内で幼虫越冬し,4月ころ蛹化する。成虫は4〜6月脱出し,ヒノキ摂食後,ヒノキスギ粗皮割れ目産卵する。強度助間伐や枝打ちを受けたり,林道開設された林縁部など,生理障害衰弱したと思われるスギヒノキでしばしば発生する。また伐倒木に付けたままで乾燥させる「葉枯らし材」も本種の標的となる。
マスダクロホシタマムシ成虫

樹皮下のマスダクロホシタマムシ幼虫


桝田黒星金亀子

読み方:マスダクロホシタマムシ(masudakurohoshitamamushi)

タマムシ科昆虫

学名 Lampra vivata



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マスダクロホシタマムシ」の関連用語

マスダクロホシタマムシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マスダクロホシタマムシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS