マシンカットとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > マシン > マシンカットの意味・解説 

マシンカット〈machine cut〉

丸太組み構法種類のひとつ。ログ材角型丸型D型などに、機械加工したログハウスのこと。成型からノッチサネ加工ダボボルトの穴加工までのすべてを機械で行うため、加工性が高く、材の品質安定しているのが大きな特長。また人工乾燥が施されているものも多い。最近では、図面コンピュータ取り込むと、はとんど無人加工を行う工場もある。材の形状違いのほか、木取り方法により、芯持ち材芯去り材小さサイズカットして乾燥施し接着剤圧着することで、ねじれや狂い最小限抑えラミネート材など、材の種類も豊富。形の整ったログ材つくりだすスタイルは、ハンドカットとは違った魅力をもつ。手入れ気軽さ居住性の高さに加えムクの木を使った健康的建築物であることから、住宅としての需要増加している。また近年耐火構造認定取得したログハウス登場し、住宅街への建築が可能に。さらにログハウスでは認められていなかった総2階建ての認定取得するメーカーもあり、いま注目ログハウスといえる




マシンカットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マシンカット」の関連用語

マシンカットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マシンカットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集

©2021 GRAS Group, Inc.RSS