ハンドカットとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > ログハウス用語 > ハンドカットの意味・解説 

ハンドカット〈hand cut〉

製材機を使ってログ加工するマシンカットに対し、ノッチグルーブなどの刻み作業チェーンソーオノカンナなどを使って行う加工法また、その加工法によってつくられたログハウスを呼ぶ場合もある。一本一本ログ太さ形状合わせて加工を施すため、画一的でない、丸太表情を生かした個性豊かなログハウス完成するという特長があり、ログハウス代表格でもある。ダグラスファーを使ったものが、もっとも一般的で、そのほかスプルースウエスタン・レッドシーダースギが、主に使われている。ただし、加工技術の高さ、精度バラツキが出やすく、扱うログ形状一定でないため、すき間などが発生しやすいというデメリットもある。→マシンカット


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ハンドカット」の関連用語

ハンドカットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハンドカットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集

©2018 Weblio RSS