デジタルウォーターマークとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > デジタルウォーターマークの意味・解説 

ウォーターマーク

別名:デジタルウォーターマーク,電子透かし
【英】watermark, digital watermarking

ウォーターマークとは、主に著作権保護などの目的から、画像映像などのデジタルコンテンツ識別情報追加することである。あるいは、そのようにして付け加えられた情報のことである。

ウォーターマークには「可視的な」ウォーターマーキングと「不可視的な」ウォーターマーキングが存在する。可視的なウォーターマークは、画像映像などの上から透かし情報加工するものであり、コンテンツを完全には隠さないよう半透明にされたロゴマーククレジット情報加えるといった手法が主になっているまた、不可視的なウォーターマークは、通常の視聴では気づくことはできない手法ステガノグラフィ)を用いてデジタルデータ中に識別情報著作権情報などを埋め込む方式である。一般的にウォーターマークや電子透かしといえば不可視的なウォーターマークを指す場合が多い。

不可視的なウォーターマーキングによって追加された情報は、通常の視聴の邪魔にならないが、コンテンツにウォーターマークを読み取るための専用システムによって検出することができる。コンテンツにあらかじめウォーターマークを施すことによって、コンテンツ認証管理に用いることができ、もしコンテンツ不正コピーなどで流用された場合にも、コンテンツ著作権主張することができる。現在の多く著作権保護技術に、ウォーターマークが応用されている。

最近では、画像だけでなく、映画映像にウォーターマークを追加することで撮影状況特定可能にし、盗撮防止が図れるウォーターマーク技術なども開発されている。


参照リンク
電子透かし技術に関する調査報告書 - (社団法人電子情報技術産業協会
情報の不正コピーや流出を抑止する「電子透かし技術」 - (日立製作所 uVALUE)
知的財産のほかの用語一覧
著作権保護:  アクティベーション  エルマーク  違法コピー  ウォーターマーク  BSA  CSS  CPPM


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デジタルウォーターマーク」の関連用語

デジタルウォーターマークのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



デジタルウォーターマークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリウォーターマークの記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS