スタートレック:ピカードとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > スタートレック:ピカードの意味・解説 

スタートレック:ピカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/09 16:42 UTC 版)

スタートレック:ピカード』 (: Star Trek: Picard) は、Paramount+(旧称 CBS All Access)で配信されるアメリカ合衆国のSFドラマシリーズである。『スタートレック』フランチャイズでは7作目のテレビドラマシリーズであり、ジャン=リュック・ピカードを中心に描く。スタートレックのシリーズとしては、初めて人物名を冠したものとなる。劇場版第10作『ネメシス/S.T.X』から20年後の24世紀末を舞台とし、ストーリーラインは『ネメシス/S.T.X.』でのデータの死と2009年公開の劇場版第11作『スター・トレック』で描かれた惑星ロミュラスの消滅(2387年に発生)に影響される。


  1. ^ a b c d e 原語では"Confederation of Earth"であり、『スタートレック:エンタープライズ』で同じく地球連合と訳されている、惑星連邦に加盟する地球の統一政府"United Earth"とは異なる。
  2. ^ a b c 新スタートレック』第34話「人間の条件英語版」でデータの分解・研究を主張した宇宙艦隊中佐であり、デイストローム研究所のサイバネティックス研究者。
  3. ^ a b c Star Trek: Picard Countdown
  4. ^ ロミュランの秘密警察。
  5. ^ 原語では「ヒュー」という名前であり、「ボーグ"ナンバー・スリー"英語版」には「You」を「Hugh」と言い間違えたことからラフォージに「ヒュー」と命名される場面がある。しかし、そのやりとりが邦訳では分かりにくいため、日本語吹き替えでは「ブルー」という名前になり、本作でもそれを踏襲している。
  6. ^ 新スタートレック』第122話「ボーグ"ナンバー・スリー"英語版」、第152話「ボーグ変質の謎英語版(後編)」に登場。
  7. ^ 新スタートレック』第125・126話「タイムスリップ・エイリアン英語版(前後編)」において、1893年のアメリカにタイムトラベルしてきたピカード艦長らと一度遭遇している。また、劇場版第7作『ジェネレーションズ』では、2293年にエル・オーリア星を発った難民輸送船に乗船している場面がある。いずれも演じているのはウーピー・ゴールドバーグ。ただし世界線が変わったためにこれらのエピソードは発生しておらず、登場した若いガイナンはピカードと初対面。
  8. ^ 新スタートレック』シーズン7第20話「新たなる旅路」
  9. ^ a b 『新スタートレック』最終話「永遠への旅英語版」で言及されたイルモディック症候群だと思われる。
  10. ^ a b バレエ『コッペリア』で自動人形を製作するコッペリウス博士より。
  11. ^ スタートレック:ショートトレック』シーズン2エピソード6
  12. ^ 劇場版第11作『スター・トレック』で母星ロミュラスが破壊され、これに続くタイムトラベルの結果ケルヴィン・タイムラインとプライム・タイムラインが分岐する。これを含む映画3作はケルヴィン・タイムラインに沿うが、本シリーズはプライム・タイムラインに沿う。
  13. ^ a b c データは劇場版第10作『ネメシス/S.T.X』において記憶を自分のプロトタイプであるB-4に転送後に死ぬ。
  14. ^ Star Trek: Countdown』の記述では不具合はなく、成功したキャリアをおさめている。
  15. ^ 旧題「追憶」
  16. ^ 旧題「星図と伝説」
  17. ^ スタートレック:ヴォイジャー』のシーズン6,7に登場した元ボーグの青年で、セブン・オブ・ナインにとっては息子のような存在。
  18. ^ ピカードがボーグに同化された際、ボーグ・クイーンから付けられた名前。劇場版第8作『ファーストコンタクト』にてその詳細が描かれている。
  19. ^ スタートレック:ヴォイジャー』第10話「転送・4万光年英語版」に登場。
  20. ^ 日本においてはAmazonが6話を飛ばし7話を配信してしまう、その後7話と差し替えたのが5話だった、という配信ミスが重なり6話は最終的に日本時間2月29日に公開となった
  21. ^ スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』第56・57話「2024年暴動の夜英語版(前後編)」において、ベンジャミン・シスコらがサンフランシスコにタイムトラベルし、"ベル暴動"に巻き込まれたのが同じ年の8月末から9月にかけてである。
  22. ^ 新スタートレック』第125・126話「タイムスリップ・エイリアン英語版(前後編)」において、1893年のアメリカにタイムトラベルしてきたピカード艦長らと一度遭遇しているが、歴史が変わったことで当該話の出来事が起こらなかったため、このガイナンはピカードと初対面であるとされる[27]
  23. ^ スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』第56・57話「2024年暴動の夜英語版(前後編)」では、シスコらが貧しい者や身分証明書のない者を閉じ込めるサンフランシスコのサンクチュアリ(保護区域と訳出)に護送されている。
  24. ^ 宇宙大作戦』第56話「宇宙からの使者 Mr.セブン英語版 (Assignment: Earth)」で1968年に登場する歴史のタペストリーの守り人ゲリー・セブンとの関連をピカードが言及する。
  25. ^ スタートレック:エンタープライズ』第27話「スプートニクの飛んだ夜に英語版」(Carbon Creek)では1957年にヴァルカン人が地球で暮らし、その後も訪問・滞在したヴァルカン人がいたことが描かれている。ウェルズは年齢からして1980年前後にこのようなヴァルカン人に遭遇したと思われる
  26. ^ 宇宙大作戦』シーズン1第20話「宇宙の帝王」および映画『スタートレックII カーンの逆襲
  27. ^ 新スタートレック』シーズン7第20話「新たなる旅路」
  1. ^ 2019 Television Report. FilmL.A.. p. Page 20. https://www.filmla.com/wp-content/uploads/2019/10/2019_TV_Report_WEB.pdf 2020年5月11日閲覧。. 
  2. ^ Otterson, Joe (2019年7月20日). “‘Star Trek:Picard’ to Feature Jonathan Frakes, Marina Sirtis, Brent Spiner, Jeri Ryan” (英語). Variety. 2019年7月20日閲覧。
  3. ^ Star Trek:Picard – Riker and Troi Debut in New Trailer, Premiere Date Revealed” (英語). IGN (2019年10月8日). 2020年9月30日閲覧。
  4. ^ Bailey, Kat (2022年1月18日). “Star Trek: Discovery Renewed For Season 5 Amid a Flurry Of New Release Dates”. IGN. 2022年1月18日閲覧。
  5. ^ a b Shows A-Z - star trek: picard on paramount plus”. The Futon Critic. 2022年9月8日閲覧。
  6. ^ 佐藤匠「ジョン・ウィック2作や新スタートレックの続編などPrime Videoで配信」『AV Watch』、2019年12月20日。2020年1月3日閲覧。
  7. ^ スタートレック:ピカード”. スーパー!ドラマTV. 2022年12月3日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n 海外TVドラマ『スター・トレック ピカード』公式サイト” (日本語). 海外TVドラマ『スター・トレック ピカード』公式サイト. 2021年2月27日閲覧。
  9. ^ Orland, Kyle (2019年5月23日). “Now live post-leaks, Star Trek:Picard trailer asks why the "Admiral" left Starfleet”. Ars Technica. 2019年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月23日閲覧。
  10. ^ a b c Andreeva, Nellie (2018年8月4日). “Patrick Stewart To Star In New 'Star Trek' Series As Jean-Luc Picard On CBS All Access”. Deadline Hollywood. 2018年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月4日閲覧。
  11. ^ a b c d Thorne, Will (2019年4月17日). “'Star Trek' Jean-Luc Picard Series Adds Three to Cast”. Variety. 2019年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月17日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k Brent Spiner, Jeri Ryan, and Jonathan Frakes Set to Return for "Star Trek:Picard"”. StarTrek.com (2019年7月20日). 2019年7月20日閲覧。
  13. ^ a b c Andreeva, Nellie (2019年3月4日). “Santiago Cabrera & Michelle Hurd To Co-Star In 'Star Trek' Jean-Luc Picard Series On CBS All Access”. Deadline Hollywood. 2019年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  14. ^ Boucher, Jeff (2019年3月13日). “'Star Trek':Evan Evagora Joins Picard Show As Series Regular”. Deadline Hollywood. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。
  15. ^ 染谷俊之『スタッフより【スタートレック配信!のお知らせ】』” (日本語). 染谷俊之オフィシャルブログ「そこはかとなく」Powered by Ameba. 2020年2月18日閲覧。
  16. ^ アイムエンタープライズ”. www.imenterprise.jp. 2020年2月29日閲覧。
  17. ^ a b Patrick Stewart Is Ready To Take More Risks For ‘Star Trek: Picard’ Season 2”. TrekMovie.com (2020年6月10日). 2020年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月14日閲覧。 “The main cast is all expected to be back, with the exception of Harry Treadaway (Narek).”
  18. ^ セブンオブナイン登場!そして「ヘンリー八世」開幕!” (日本語). 沢海陽子ンち (2020年2月15日). 2020年2月18日閲覧。
  19. ^ “Patrick Stewart Unveils 'Picard' Trailer and Surprise 'Star Trek' Castings”. Hollywood Reporter. (2019年7月20日). オリジナルの2019年7月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190720204443/https://www.hollywoodreporter.com/live-feed/star-trek-discovery-casts-david-ajala-as-team-teases-season-3-time-jump-1225849 2020年9月30日閲覧。 
  20. ^ 上田燿司@Ratched Netflix [@yo_z_ueda] (2020年2月7日). "スター・トレック:ピカード – シーズン1 (吹替版) 第3話の配信開始です 今作で元ボーグのブルー(ヒュー)の声を担当させていただくことになりました ネメシス/S.T.Xは劇場で見ました その続編で、素晴らしい作品になっています" (ツイート). Twitterより2020年9月30日閲覧
  21. ^ a b c d e Vary, Adam B. (2022年4月5日). “'Star Trek: Picard' Beams Up 'The Next Generation' Main Cast for Season 3”. Variety. 2022年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月6日閲覧。
  22. ^ https://twitter.com/mouvementmg/status/1501775612066734081” (日本語). Twitter. 2022年3月19日閲覧。
  23. ^ 種市桃子 (2020年1月31日). “2話目から吹替に参加しております!…” (日本語). @HappytimeCoshan. 2020年2月8日閲覧。
  24. ^ https://twitter.com/fukudaandco/status/1504752209980162050” (日本語). Twitter. 2022年3月19日閲覧。
  25. ^ Holy Spock, it's Kirk Thatcher!
  26. ^ Porter, Rick (2019年3月1日). “'Star Trek':Patrick Stewart Series Taps 'Discovery' Veteran to Direct”. The Hollywood Reporter. 2019年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  27. ^ 'Picard' showrunner reveals the time-meddling reason behind Star Trek's new Guinan [Exclusive]”. Inverse (2022年3月25日). 2022年4月3日閲覧。
  28. ^ Pascale, Anthony (2022年8月24日). “Interview: 'Star Trek: Picard' Showrunner Talks Brent Spiner's Mysterious Character, And Hopes For A Spin-off”. TrekMovie.com. 2022年8月25日閲覧。
  29. ^ Star Trek: Picard Season 3 (2022 - 2023)”. Writers Guild of America. 2022年6月27日閲覧。
  30. ^ Otterson, Joe (2018年6月19日). “Alex Kurtzman Sets Five-Year CBS TV Studios Pact, Will Oversee Expanded 'Star Trek' Universe”. Variety. 2018年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  31. ^ Andreeva, Nellie (2018年6月19日). “Alex Kurtzman To Shepherd 'Star Trek' Franchise Expansion Under New 5-Year Overall Deal With CBS TV Studios”. Deadline Hollywood. 2018年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月5日閲覧。
  32. ^ a b Goldberg, Lesley (2018年6月19日). “Alex Kurtzman Inks $25M Overall Deal Extension With CBS TV Studios, Will Expand 'Star Trek' TV Franchise”. The Hollywood Reporter. 2018年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  33. ^ a b c d 'Star Trek' Boss:Picard Leads "Radically Altered" Life in CBS All Access Series”. The Hollywood Reporter (2019年1月8日). 2019年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  34. ^ a b c d Alter, Ethan (2019年1月31日). “Patrick Stewart teases return of Jean-Luc Picard, says new 'Star Trek' series 'is a 10-hour movie'”. Yahoo!. 2019年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  35. ^ a b Evans, Greg (2018年9月24日). “Patrick Stewart Tweets Photo Of 'Star Trek' Writers:'Journey Has Begun'”. Deadline Hollywood. 2018年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月24日閲覧。
  36. ^ a b Hibberd, James (2018年12月10日). “Star Trek producer explains how Picard spin-off will be 'extremely different'”. Entertainment Weekly. 2018年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  37. ^ a b O'Connell, Michael (2018年12月4日). “David Nevins Touts More 'Star Trek,' Streaming Stats and Backend's Endurance”. The Hollywood Reporter. 2018年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月23日閲覧。
  38. ^ Patrick Stewart Says Star Trek Picard Series Is Set Up To Run Three Seasons”. TrekMovie.com (2019年2月4日). 2019年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  39. ^ a b Pascale, Anthony (2019年3月4日). “More Production Details For Star Trek Picard Series Emerge, Including Possible Title”. TrekMovie.com. 2019年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  40. ^ Baysinger, Tim (2019年5月15日). “CBS All Access Finally Names Its Upcoming 'Star Trek' Series With Patrick Stewart”. TheWrap. 2019年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月17日閲覧。
  41. ^ a b Ordoña, Michael (2019年5月9日). “'Star Trek' was canceled 50 years ago. Now, the franchise is flying warp speed ahead”. Los Angeles Times. 2019年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月11日閲覧。
  42. ^ a b Boucher, Geoff (2018年11月9日). “'Star Trek':Michael Chabon "Thrilled" To Be On-Board With Patrick Stewart & 'Calypso' Short”. Deadline Hollywood. 2018年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  43. ^ a b Pascale, Anthony (2019年4月15日). “Interview:Jonathan Frakes Talks "Ambitious" Picard Show And 'Star Trek:Discovery' Growing Its Beard”. TrekMovie.com. 2019年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月16日閲覧。
  44. ^ Miller, Liz Shannon (2019年1月31日). “The Future of 'Star Trek':How the Picard and Michelle Yeoh Spin-Offs Will Relate to 'Discovery'”. IndieWire. 2019年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  45. ^ Lovett, Jamie (2019年4月22日). “'Star Trek':Picard Series Begins Filming”. ComicBook.com. 2019年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月22日閲覧。
  46. ^ Patten, Dominic (2018年12月10日). “Patrick Stewart's 'Star Trek' Series, 'Mayans M.C.' & 'Why Women Kill' Score Tax Credits From California”. Deadline Hollywood. 2018年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月10日閲覧。
  47. ^ スター・トレック:ピカード DVD-BOX”. db2.nbcuni.co.jp. 2022年3月20日閲覧。
  48. ^ スター・トレック:ピカード Blu-ray BOX”. db2.nbcuni.co.jp. 2022年3月20日閲覧。
  49. ^ スター・トレック:ピカード DVD-BOX”. db2.nbcuni.co.jp. 2022年3月20日閲覧。
  50. ^ スター・トレック:ピカード Blu-ray BOX”. db2.nbcuni.co.jp. 2022年3月20日閲覧。
  51. ^ 『スター・トレック:ピカード シーズン2』DVD公式サイト|パラマウント 海外ドラマ” (日本語). 海外ドラマ『スター・トレック:ピカード シーズン2』DVD公式サイト. 2023年1月9日閲覧。
  52. ^ An Original Star Trek: Picard Audio Drama Announced Starring Two Fan Favorites”. StarTrek.com (2022年1月12日). 2022年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月13日閲覧。
  53. ^ White, Peter (2019年5月14日). “Canada's Bell Media Acquires Rights To CBS All Access' Patrick Stewart-Fronted 'Star Trek' Spin-Off – LA Screenings”. Deadline Hollywood. 2019年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月17日閲覧。
  54. ^ White, Peter (2019年5月13日). “Amazon Beams Up Global Rights To CBS All Access' Jean-Luc Picard 'Star Trek' Series”. Deadline Hollywood. 2019年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月17日閲覧。


「スタートレック:ピカード」の続きの解説一覧

スタートレック:ピカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:46 UTC 版)

新スタートレック」の記事における「スタートレック:ピカード」の解説

2020年配信開始シリーズ『スタートレック:ピカード』は2399年以降時代舞台とし、引退したピカード主人公として、データライカーディアナ・トロイらも登場するストーリーは、映画ネメシス/S.T.X.』で描かれデータの死、映画『スター・トレック』描かれロミュラン崩壊大きく影響される

※この「スタートレック:ピカード」の解説は、「新スタートレック」の解説の一部です。
「スタートレック:ピカード」を含む「新スタートレック」の記事については、「新スタートレック」の概要を参照ください。


スタートレック:ピカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 17:56 UTC 版)

データ (スタートレック)」の記事における「スタートレック:ピカード」の解説

2020年配信のスタートレック:ピカードでは『ネメシス/S.T.X.』の20年後の2399年、引退したピカード夢に登場する記憶移したB-4適切に作動せず、記憶量子シミュレーションアップロードされたのちに停止分解されている。ピカード不治脳病死にスン博士息子オルタンらにより延命のため一時的に仮想世界アップロードされたピカード意識スン博士ハードの中で保存されていたデータ意識シミュレーション内で再会するピカード仮想世界の中でデータ再会しデータ殉職してから伝えたかった想いデータに対する「愛」の想い伝える。データはその想いを受け、ピカード現実世界帰ったら自分のデータ削除してほしいと望む。データは死ではなく本当の人間一員として最後を望む。(精神的な存在として)ピカード新し肉体手に入れるが、データ艦長の手により永い眠りにつく

※この「スタートレック:ピカード」の解説は、「データ (スタートレック)」の解説の一部です。
「スタートレック:ピカード」を含む「データ (スタートレック)」の記事については、「データ (スタートレック)」の概要を参照ください。


スタートレック: ピカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 06:46 UTC 版)

セブン・オブ・ナイン」の記事における「スタートレック: ピカード」の解説

2020年から配信の『スタートレック: ピカード』にも登場するヴォイジャー帰還後宇宙艦隊への参加却下されたことが明らかになるジェインウェイはこの却下抗議する逆に艦隊から辞職要求されセブン自ら身を引いたと思われるシーズン1では、治安の悪化した星域自警団であるフェンリス・レンジャーに加わる。2386年、ブジェイズルに息子同然のイチェブ捕えられ、生きながら体内ボーグ部品抽出されイチェブ安楽死させる。2399年、ロミュラン避難民居住する惑星ヴァシュティ周辺で、ピカード乗る宇宙船バード・オブ・プレイから救う。フリークラウドのスターダスト・シティ同行しイチェブ復讐にブジェイズルを殺す。SOS発したロミュラン人のエルノアを救うために休眠状態ボーグ・キューブ来てドローンたちの意識蘇らせ小規模なボーグ集合体作ってタル・シアーと戦う。ボーグ・キューブ動かしてピカード追い人工生命故郷コッペリウスに来る。殺されたブルーの仇を取りピカード一行加わってコッペリウスを離れるシーズン2では、2401年にはU.S.S.スターゲイザー艦長となったクリストバル・リオスの持ちラ・シレーナ号を受け継ぎ、フェンリス・レンジャーの活動続けている。Qにより、惑星連邦かわりに排外的な地球連合存在し自身ボーグ化を経ずにその大統領となっている別の時間線ピカードとともに飛ばされる歴史修復するためにピカードらと2024年に飛ぶ。重傷治療のため、ボーグ・クイーンによってふたたびナノプローブを注入される。Qによる歴史分岐阻止して試練乗り越えたのち、元の時間線2041年もどされる旧知のアグネス・ジュラティ博士同化されたボーグ・クイーン率いる、融和的ボーグ集合体協力し艦隊指揮して破滅的な謎の現象阻止する

※この「スタートレック: ピカード」の解説は、「セブン・オブ・ナイン」の解説の一部です。
「スタートレック: ピカード」を含む「セブン・オブ・ナイン」の記事については、「セブン・オブ・ナイン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スタートレック:ピカード」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スタートレック:ピカード」の関連用語

スタートレック:ピカードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スタートレック:ピカードのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスタートレック:ピカード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの新スタートレック (改訂履歴)、データ (スタートレック) (改訂履歴)、セブン・オブ・ナイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS