サマジワディ党とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 政治組織 > 政党 > インドの政党 > サマジワディ党の意味・解説 

サマジワディ党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/23 00:15 UTC 版)

サマージワーディー党(サマジワディとう、समाजवादी पार्टी、Samajwadi Party)インド政党日本語では社会主義[1]社会主義者党社会党などと翻訳される。民主社会主義を掲げインド国民会議左派の会議派社会党やジャナタ・ダルの系譜を引く政党のひとつとしてムラーヤム・スィン・ヤーダヴを党首に1992年に結成。インドでも人口最多のウッタル・プラデーシュ州に強固な地盤を有するが、同州以外では小勢力に留まっている。中位農民カーストのヤダーヴ、その他の後進カーストとして「OBC」と総称される中下位カースト、そしてイスラム教徒を主な支持基盤とする。


  1. ^ 中島岳志『ヒンドゥー・ナショナリズム——印パ緊張の背景』中央公論新社〈中公新書ラクレ〉、2002年。ISBN 9784121500571 


「サマジワディ党」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サマジワディ党」の関連用語

サマジワディ党のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サマジワディ党のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサマジワディ党 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS