ギュウギュウとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 魚図鑑 > ギュウギュウの意味・解説 

ゴンズイ

学名Plotosus lineatus 英名:Barbel eel
地方名:ギュウギュウ、ギンギョ 
脊椎動物門硬骨魚綱ナマズ目ゴンズイ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 動画

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
体が細長い口のまわりのひげは8本ある。同じ大きさのゴンズイで大群をつくり、その群れを「ゴンズイ玉」と呼ぶ。特に幼魚群れ作りたがるが、その規模数百匹にもなるときがある夜行性成魚は昼、石の下潜りこんでいるが、若魚昼間も砂底で小動物などを食べている。ゴンズイの背びれと胸びれのトゲは毒をもっていて刺されると非常に痛く体質によっては死亡することもある。毒をもったトゲはゴンズイが死んだ後も有効なので注意が必要である。煮付け蒲焼きにするとおいしく食べられるがあまり利用されない。

分布:本州中部以南西太平洋紅海 大きさ:30cm
漁法:  食べ方:煮付け蒲焼き


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ギュウギュウ」の関連用語

ギュウギュウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ギュウギュウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.

©2020 Weblio RSS