ウォーター ハザードとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > ゴルフ用語 > ウォーター ハザードの意味・解説 

ウオーター‐ハザード【water hazard】


ウォーター ハザード (Water hazard)

ウォーターハザード赤杭 (線) もしくは黄色杭 (線) で仕切られた場所で、必ずしも、池や小川等の場所であるとは限らないフェアウェー横のウォーターハザードは 普通 赤杭 (線) で仕切られていてラテラルウォーターハザードと呼ばれ、ボールが入ったポイントから2クラブ以内に 1打罰でドロップ出来る。ラテラルウォーターハザードでない場合ピンと入った地点線上後方にやはり 1打罰でドロップとなるが、場合によっては 池や川などの反対側にドロップをしないといけないことになりかねない。どちらの場合打ち直しオプションは 常にある。
 
» ウォーターハザードに球が入った時 (ルールの詳細説明)



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウォーター ハザード」の関連用語

ウォーター ハザードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウォーター ハザードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典

©2021 GRAS Group, Inc.RSS