ウェイト (曲)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ウェイト (曲)の意味・解説 

ウェイト (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/12 14:12 UTC 版)

ウェイト」(英語: Wait)は、ビートルズの楽曲である。本作は1965年12月3日に発売された6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ラバー・ソウル』のB面5曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作品。なお、作曲での貢献度について双方で食い違っており、ポール・マッカートニーは1997年に出版された伝記で「ジョンが書いたと思う」とし[1]ジョン・レノンは1970年のインタビューで「これはポールの曲に違いない」としている[2]


注釈

  1. ^ ビートルズのトリビュートバンドで、バンド名は「アイ・アム・ザ・ウォルラス」の歌詞に由来している。

出典

  1. ^ a b MacDonald 2005, p. 160.
  2. ^ “1970: John talking about his songs [telephone interview]”. The Ray Connolly Beatles Archive. Plumray Books. (2016). ISBN 978-0956591531 
  3. ^ a b c d e Guesdon & Margotin 2013, eBook.
  4. ^ a b c Unterberger, Richie. Wait - The Beatles|Song Info - オールミュージック. 2020年6月6日閲覧。
  5. ^ Albano, Jacob (2015年12月3日). “Rubber Soul by The Beatles”. Classic Rock Review. 2020年6月6日閲覧。
  6. ^ Talk of the Town - Frankie Vaughan|Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年6月6日閲覧。
  7. ^ This Bird Has Flown: 40th Anniversary Tribute to Rubber Soul - Various Artists|Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年6月6日閲覧。
  8. ^ Rubber Folk - Various Artists|Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年6月6日閲覧。
  9. ^ Yellow Matter Custard/One Night In New York City”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2020年6月6日閲覧。
  10. ^ Worthy - Bettye LaVette|Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年6月6日閲覧。


「ウェイト (曲)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウェイト (曲)」の関連用語

ウェイト (曲)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウェイト (曲)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウェイト (曲) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS