ウェイトゥパリスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ウェイトゥパリスの意味・解説 

ウェイトゥパリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/29 16:02 UTC 版)

ウェイトゥパリスWay To Paris2013年4月13日 - )は、フランス競走馬。2017年から2020年までフランスの重賞戦線で活躍していた馬で、おもな勝ち鞍に2020年サンクルー大賞(G1)、モーリスドゥニュイユ賞(G2)、シャンティイ大賞(G2)がある。


ウェイトゥパリス血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ダンジグ系
[§ 2]

Champs Elysees
鹿毛 2003
父の父
*デインヒル
Danehill
鹿毛 1986
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Razyana His Majesty
Spring Adieu
父の母
Hasili
鹿毛 1991
Kahyasi *イルドブルボン
Kadissya
Kerali High Line
Sookera

Grey Way
芦毛 1993
Cozzene
芦毛 1980
Caro *フォルティノ
Chambord
Ride the Trails Prince John
Wildwook
母の母
Northern Naiad
鹿毛 1982
Nureyev Northern Dancer
Special
Fascinating Trick Buckpasser
Intriguing
母系(F-No.) (FN:1-s) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 4x4, Buckpasser 4x5, Natalma 5x5x5 [§ 4]
出典
  1. ^ [12], [3]
  2. ^ [3]
  3. ^ [12], [3]
  4. ^ [12], [3]
  1. ^ a b c Horse Profile for Way To Paris”. equibase.com. 2020年11月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e Way To Paris”. Racing Post. 2020年11月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g ウェイトゥパリス|競走馬データ”. netkeiba.com. 2020年11月20日閲覧。
  4. ^ a b ウェイトゥパリス”. JRA-VAN. 2020年11月20日閲覧。
  5. ^ 仏G2モーリスドゥニュイユ賞、ウェイトゥパリスが接戦制す”. JRA-VAN (2019年7月16日). 2020年11月20日閲覧。
  6. ^ キセキは3着、凱旋門賞の前哨戦フォワ賞でヴァルトガイストに敗れる”. JRA-VAN (2019年9月16日). 2020年11月20日閲覧。
  7. ^ ホールドザスアイグリーン、仏G1カドラン賞で1年前の雪辱”. JRA-VAN (2019年10月6日). 2020年11月20日閲覧。
  8. ^ 仏G2シャンティイ大賞、7歳馬ウェイトゥパリスが圧勝”. JRA-VAN (2020年6月2日). 2020年11月20日閲覧。
  9. ^ ソットサスが叩き2戦目で一変、仏G1ガネー賞を競り勝ち”. JRA-VAN (2020年6月15日). 2020年11月20日閲覧。
  10. ^ 7歳馬ウェイトゥパリス、サンクルー大賞で待望のG1初勝利”. JRA-VAN (2020年6月29日). 2020年11月20日閲覧。
  11. ^ 【ジャパンC】枠入り不良の外国馬ウェイトゥパリスは12月20日まで出走停止 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年11月29日閲覧。
  12. ^ a b c 血統情報:5代血統表|Way To Paris(GB)”. JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2020年11月20日閲覧。


「ウェイトゥパリス」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウェイトゥパリス」の関連用語

ウェイトゥパリスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウェイトゥパリスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウェイトゥパリス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS