もくろくとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > 目録 > もくろくの意味・解説 

もく‐ろく【目録】

書物内容見出しまとめて記録したもの目次

所蔵展示などされている品目整理して書き並べたもの。「展覧会の目録」「財産目録

進物をする際、実物代わりに仮にその品目を記して贈るもの。「結納の目録」

芸道武芸門人伝授したとき、その名目を書いて与え文書

進物として贈る金の包み

新八障子の内より—三つ持ちて出」〈伎・色読販〉


もく‐ろく【目録】

〔名〕

書物文書などの題目・項目などを集めて記したもの

古今(905‐914)雑体・一〇〇二・詞書「ふる歌奉りし時のもくろくのその長歌」〔漢書‐叙伝下〕

所蔵展示収録などのしてある品目や、所属している人名や、ものごと段取りなどを書き並べたもの。「財産目録」「在庫目録

中右記康和五年(1103)六月一八日「一条殿御御庄目録、献右大臣殿

進物品名金銀の額を記したもの

宇津保(970‐999頃)蔵開下「おとど家の券奉りたるもくろくそへて奉り給ふ

進物の時、実物代わりに、仮にその品目の名だけを記して贈るもの。

(5) 一つ目的のもとに、多少とも体系的網羅的に、多数条項集成した法規式条式目法典

北条泰時消息貞永元年(1232)九月一一日「御成敗候べき条々の事注され候条を、目録となつくべきにて候を」

(6) 進物として、贈る金の包み

歌舞伎お染久松色読販(1813)序幕新八障子の内より目三つ持て出、〈略〉是はお前方御祝義が出ました」

(7) 師から弟子芸道武術伝授する時、その名目伝授し終わった由を記して与え文書


切紙、目録(きりがみ、もくろく)

昔は段位がなくて、修行した技前によって階級をつけたが、その一番初歩ランクが切紙であり、これは紙の切れはしなど簡単なものに修行修得した技前が書いてあった。だから切紙と言ったのである。それから目録印可免許皆伝口決(こうけつ)(口伝)(くでん)と進んで行き最後口伝でこれがその流の極意剣の伝授である。

したがってこれは四方の襖を立て切り、周囲人払いをして深夜ひそかに師匠直接手をとってその秘術を授けたものである。
披剣中の秘剣を「書きもの」にせず口から直接伝授したのは他にもれることを恐れたものであり、師匠の口から直接伝えられたために口伝言われたのである

もちろん前述のようなランク流儀流派によって異なり千葉周作一刀流にあった五つランク初伝中伝奥伝三種に絞ったため却って入門者がふえ、入門希望者門前市をなしたと伝えられている。



もくろくと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「もくろく」の関連用語

もくろくのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



もくろくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2022 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典

©2022 GRAS Group, Inc.RSS