どぱみんとは?

ドパミン

読み方:どぱみん

神経伝達物質一つで、飲酒すると快く感じ原因となる報酬系において中心的役割を果たしています。

 ドパミンは神経伝達物質一つで、カテコールアミン呼ばれる種類に属します。アミノ酸チロシンから酵素働きによって合成されます。ドパミンが働く主な神経経路には黒質線条体路、中脳辺縁系路、中脳皮質路の3つがあります黒質線条体路はパーキンソン病関連し、中脳辺縁系路と中脳皮質路は統合失調症関連するとされています。アルコールを飲むことによって快く感じるのは脳内報酬系呼ばれる神経系活性化するためと考えられますが、この報酬系ではドパミンが中心的役割を果たしています。アルコール麻薬覚せい剤などの依存形成する薬物多くはドパミンを活発にする作用があり、そのため報酬系活性化するので、これらの薬物使用すると快感もたらす考えられます。






どぱみんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「どぱみん」の関連用語

1
36% |||||

どぱみんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シールドベアリング

サンショウ

鞍埼灯台

尾道ラーメン

キャッツアイビーズ

伊勢和紙

裏筋

BRUTALE Racing GARA





どぱみんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
厚生労働省厚生労働省
(C)2018 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット

©2018 Weblio RSS