たいたんとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 京ことば > たいたんの意味・解説 

タイタン【Titan】

ギリシャ神話巨人神族ティタン英語名

土星の第6衛星1655年ホイヘンス発見。名はに由来土星系で最大で、太陽系の全衛星でもガニメデに次ぐ。窒素主成分とする濃密大気から液体メタン降りメタンの川や湖も存在する。直径は約5150キロ地球のおよそ0.4倍)。平均表面温度セ氏マイナス180度。

タイタンの画像
濃い大気に覆われ、地表見えないNASA

たいたん

京ことば意味
たいたん 煮た物

たいたん

大阪弁 訳語 解説
たいたん 煮物煮付け 炊いたん。「ん」は「の」の転で、「のもの」を表す。食堂品書きでもこれを使う。「にもの」を「にもん」「たきもん」とは言わない。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たいたん」の関連用語

たいたんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



たいたんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
京ことば京ことば
Copyright (C) 2020 我流京都探訪 All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2020 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS